ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
パン・ド・ミ
パン・ド・ミ


初めてまともな食パンが焼けました!(´▽`)


この四角くてもほんのり丸みのあるフォルム。
きつね色に焼けた表面。
これぞ食パン!・・・に一応見えますよね?
ちなみ参考として前回の記事
これまでは本当にカックカクの、気安く触ったら刺さりそうな食パンしか焼けなかったんです
仕込む生地量は変わらないのに。
きっと発酵の見極めが甘かったんですね。
一年経って、だいぶ私もパン生地の状態を見定める目が養われたのでしょうか。
あぁ、そうだといいなぁ~~~。

でもこの前に一本失敗してるんですけどもね。。。
その日にすぐ作り直ししたのが成功へ繋がった主な要因だろうな(´-`)








パン・ド・ミ2


あまりにも嬉しかったので翌日にもあらためて撮ってもらったのがこちらです。
信用の置けない腕ですから、二度と拝めないんじゃないかと思って明るい場所でも。
永久保存用にね(´Д⊂
また一年経って、「こんなこと言ってたけどあの時のも全然まだまだの出来でした。今年こそ本物です!」なんて言えれば更に更に嬉しいですけどね・・・。

一日置くとこれぐらい表面に皺が入りますが、基本的にパンは2時間以上置かないと消化にも良くないそうですし、味も落ち着かないそうなので、これぐらいが食べ頃なのかもです。
確かに市販の食パンってこんな感じですよね。コンビニとかスーパーで置いてるようなものは。
名が知れ渡ってるような有名パン屋さんのは翌日どんな感じだったかなぁ。
そこらへんとも一度比べてみたいもんです。








パン・ド・ミ3


そうしてその後、サンドウィッチ用に薄切りにカット。








パン・ド・ミ4


基本的に食パン系は気泡は小さく均一に、きめ細やかなクラムが求められるそうです。
が、やっぱりそこらへんはまだまだのよう。
ところどころ大きな気泡が残ってるし、中心部分と外側部分ではクラムがまるで違う状態。
かなり念入りにガスを抜いたつもりでもこれかぁ
さてどうしたもんでしょう・・・。
もしかするとガスを抜こうとするばかりでなく、小麦粉のグルテンをもっともっと引き出して、更に更に力強い生地を作らないといけないのかも?
じゃないと生地が痛むばかりだものね(´-ω-`)
やっぱりパンはどれもこれも難しいもんですなぁ。。。








ではここからは日曜のお食事記録。
もちろん昨日は上のパンを使いまして、



サンドウィッチ各種


「サンドウィッチ」


手前から、
卵サラダサンド
ポテトサラダサンド
ツナサンド。

どれもこれもたっぷりと挟み込んでやりました。
パンの耳はそのままで。
どんなにカックカクの食パンに焼きあがっても、家で焼くと耳の部分が意外と一番美味しく感じられます。
パンは買ってくるもの!と思ってた時は苦手だったんですけどね~。不思議。
ちなみにツナサンドにはこだわりがありまして。
水分をしっかり抜いたキュウリの薄切りにツナをたっぷりと加えて、マヨネーズはそこそこに、マスタードをたっぷりと合わせるのが旨いと思ってます。
これは札幌の地下街に昔からある「さえら」というサンドウィッチ屋さんのを真似したもの。
食べ盛りの高校時代によく行ったっけ。懐かしいなぁ。
札幌に行かれる方は是非行ってみてください。他にもたくさんメニューがあるし、ボリュームもあってオススメです!








その他のメニュー。



イワシのグラタン


「イワシのグラタン」








ゴボウのポタージュ


「ごぼうのポタージュ」








090816の食事風景


以上を並べまして、昨日は野菜た~っぷりの喫茶風ランチ?となりました。


金目鯛に続いて、久しぶりにイワシをさばきました。
やっぱり面白い。
あのその後の処理に困る、内臓の生ゴミさえ出なければ私は毎日でも魚をさばきたいです。














本日のメロニアさん。

秋は間近。
朝夕が随分と涼しくなって来ましたね。



夕涼み


というわけで、メロニアさんも夕涼みをするように。


こう見るとすこぶる仲良しさんに見えるなぁ。
できればず~っとそのままの調子で一日中過ごしてもらいたいもの。
なんでご飯を用意するとなると追いかけっこしだして最後は喧嘩になるのか・・・わからない・・・。


スポンサーサイト
パン・ド・ミ
パン・ド・ミ


かっくかくやぞ!かっくかくやぞ!


と、思わず二回繰り返さずにはいられない…その名は食パン(´-`)
かなり久しぶりに焼いたのもあるけど、これまでもいつもこんな焼き上がりのコイツ。
う~ん、難しいです。。。
これもバゲットのように繰り返し焼いて、もっと丸みのあるフォルムに焼き上げたいんだけれども、まずはバゲットをどうにかしないとっ








パン・ド・ミ2

「綺麗な立方体してるだろ?でもパンなんだぜ、オレ」

(byタッチ)



一応、自分達が食べる分には充分ではあるのですよ?(´Д`;)
クラムはしっとり柔らかだし、耳の部分はサックサク。
コンビニとかスーパーで売ってる角食のパンの耳って今まで凄く苦手だったんだけども、手作りするようになってようやくその美味しさに目覚めたくらい。
でももっと見た目から美味しそうなカッコイイ「パン・ド・ミ」を目指したいよねぇ~。


次回へのメモとして…。
粉は「テリア特号」のみ使用。
イーストは「生イースト」、「インスタントドライイースト」併用。

今度は「レジャンテール」一本で焼いてみようかな。φ(`д´)メモメモ








んで今回、「食パン」を焼くことになったのは相方さんからのリクエストからでして。
どうやら久しぶりにサンドウィッチ系が食べたかったらしいのです。
ということで本日のお食事は








アボカドハンバーグサンド


「ハンバーグサンド」


赤ワイン&デミグラで煮込んだハンバーグを、パンの上に丸ごとドン!!
上にはアボカドの輪切を豪快に乗っけた、相方さん好みの一品。








アスパラとそら豆のタルタル卵サンド


「アスパラとそら豆のタルタル卵サンド」


ちょっと卵が多めのタルタルソースを作って、それでアスパラとそら豆を和えた一品。
どんなサンドウィッチにしようかなぁ~と、ネットを徘徊していましたらこちらのHPのランチメニューが目に留まったのです。
これは旨いだろうと思って作ったので、やはり旨かったです(笑)



んで忘れてはならないのが








フライドポテト


「フライドポテト」


家で揚げ物なんて、1年以上はしてないんでは…。
今回、自分の中でのコンセプトが「ファーストフード」だったので、思い切ってやっちゃいました。
フライドポテトは、何故か小学生時代に揚げる行為にハマって毎日のように作り、友達に食べさせていた記憶が…。
当時は母に「あとの油の処理はよろしく(-ω-#)」なんてやってましたけども(笑)
今は揚げ物をすると、とにかく処理が面倒なのでなるべく避けてます。。。
が、家で揚げたてを食べるのって美味しいんですよね。改めて実感しました。
でもまた作るのは一年後くらいになりそう。。。
コロッケとか家で作るとスーパーのお惣菜とは比べようも無くカラッとしてて旨いんだけどね~。








さてさて、ココからは本日のメロニアなんですが。
G.Wは後半も初っ端から天気が優れないし、湿度は高い。
なので








黒いの

「なんかちょっと毛が重…」



ニアも








キジの

「とにかく毛がまとわりついてしゃぁ~ないわ~」



メロも


ふたりとも昨日も今日もまったく動かずに大人しいのです。
せっかく一緒に長く居れるお休みなのにねぇ。
明日からは是非晴れて欲しいと心から望みます(`・ω・´)

プルマンブレッド
写真へた

写真がヘタなのは切り取りで誤魔化し。(全然誤魔化しきれてないところが痛い…)

というのも、本日は私が有給取ってお休み。相方さんがお仕事だからだ。
そう、私が撮ったからヘタなのだ。
いつもは相方さんに写真のすべては任せているのに、何故に…(ノToT)ノ
しょうがないよね。今日から相方さんのご両親が2泊3日で我が家へやってくるのだから。パンとかゼリーとか焼き菓子とか作っても、ご両親が来てる間は撮影なんてしていられない。

本当に嫁入り前の娘は大変だ。(昨日と同じこと言ってるが…三十路を娘というのかな…)


とりあえず、晩餐(?)を仕度してる途中の時間を使って更新。
気分を紛らわせたい為です。。。

んで、本日焼いたパンは「プルマンブレッド」
さっきまで「ブルマンブレッド」だと思ってたら、「プルマン」が正解?
ただ、ライ麦とグラハムも配合してあるので正確には「グラハムライプルマンブレッド」?
よくわからないので「プルマンブレッド」に統一(笑)

しかし、いつも角食パンには失敗します。
古いオーブンレンジを使っているので、蓋閉めちゃうと限界の250℃で焼いても焼き色が甘いのです。しかも、めっちゃ角々しい…。




ちょっかく!

直線で形成されたこのパンを、赤の他人が見てひと目で食物だと判断してくれるだろうか(;・∀・)
私だったら箱かレンガだと思っちゃうね。うちのにゃんずだったら絶対上に乗ろうとするだろう…。




ぷぅ~ん

でもね、割ったらちゃんとしたパンなのですよ?
焼きたての匂いは格別さ♪

でも次回は仕込む分量も見直してみよう…。型の中で伸びきれなくて角々しちゃってるのもあるよね、きっと。





そして、私じゃない人が撮った昨日のメロ。






ぽこ

「なんだかいつもと雰囲気ちゃうなぁ~。部屋のレイアウトも変えてからに…」





にやり

「まっ。明日はせいぜい頑張りやぁ~。…ぷぷぷ




と言われた気がした…。



どうしよう。。。朝仕込んだデザート用のゼリーが全然固まらない!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

パン・オ・フロマージュ・フレ
フロマージュ・フレ


調子に乗って買い過ぎたリコッタチーズの賞味期限が20日だったのです。
なので、今日明日とリコッタチーズ消費の二日間に…。
その第一弾がサラダで、第二弾がこのパン。

リコッタチーズ挟むんじゃなくって、もう練りこんじゃったよ( ´ロ`)

だって、練りこんでパンにして冷凍したほうが長持ちするでしょ、きっと!
…という感じでかなり適当に作った、残り物で出来たパンですが。
結構旨かったのです、これ。

ちょっと成形も上手く出来たから愛着沸いちゃってる感じではあるのだけども…。


リコッタチーズなんて淡白なチーズ使ってるからチーズ風味も「どこだ(゚Д゚≡゚Д゚)?」ってな感じなんだけども…。


ミルクの味が気持ち濃くなって、クラムがしっとりフワンフワンで、適当にしちゃった割にはいいんではないかと?


ほわほわさ♪

ほれ、ほわほわなのさ♪

でももっとバタ臭い、こってりしたチーズのほうがもっと風味は増すかなぁ。
クリームチーズだとどこでもありそうで面白くないから、次はマスカルポーネなんかで試してみようか。

でもちょっと嬉しかったので名前も適当に考えてみた(/ω\)
(今日のタイトルね)

「フロマージュ・フレ」ってフレッシュチーズだけを指す人もいれば、フロマージュ・ブランを指す人もいるらしくって、どっちなんだぁぁぁぁ( ゚Д゚)ドルァ!!と確証が取れず、ちと悩んだが適当に作ったんだから、それなりで…。


恐竜の卵


観賞用とするなら横からが一番です。


又、暫定レシピはこちら⇒【パン・オ・フロマージュ・フレ】
興味ある方だけどぞ~♪


しかし、これ、今日は二人でスライス一枚しか食べられなかった…。
17cmパウンド型2台で焼いてるから、一枚なんて手のひらより小さいサイズなのに!
それだけしか焼き立てが食べられないなんて!!

誰が悪いのよ!!

[パン・オ・フロマージュ・フレ]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。