ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
梅三昧
梅の甘露煮


今年もやってきましたよ。梅の季節~( ゚Д゚)ノウラァ!!


な~んだか気候は寒いばかりで全然そういう感じはしませんが、この時期はどこのスーパーに行っても店頭に「青梅」
それだけで妙なプレッシャーを感じる自分。。。
なもんだから、今年はこれまでよりも半月も早く仕事に取り掛かりましたよ。


まずは毎年の定番、「青梅の甘露煮」↑








青梅大福


そしてそれを中に仕込んだ、「青梅大福」(なんだか青首大根みたいな響き・・・)


梅と求肥の間にはペーストにした青梅の甘露煮入り梅餡。
求肥は薄い緑に色づけ。








蜂蜜生姜梅酒


そしてそして!2010年、今年の梅酒は「蜂蜜生姜梅酒」にケテーイ!!


我が家では毎年愛されてやまない梅酒。
これまでにも色々作ってきましたが、

<歴代の梅酒たち>
和三盆梅酒-2007-
黒糖梅酒-2008-
紅茶梅酒-2009-

とうとう今年は梅と一緒に他のブツも混入!
ちなみにこれは、「もうそろそろ梅の時期だけど今年の梅酒はなんにしようかなぁ~」という私の問いかけに、相方さんは「梅と生姜ってどうなの?」という問いかけを返してきたので、とにかくやってみようじゃないかと具現化させたもの。
なもんでまた実験的なものなんですが。

どうかな~ちょうどいい塩梅に漬けあがるかな~・・・

でもこういう方が、出来上がりの想像がつき難いものの方が楽しみだったりするんですよねぇ~♪
まあ美味しくなることを信じて、こちらは半年後を待とうと思います。ドキワク・・・。








ではここからは土曜日の食事記録。
昨日は久方ぶりに鉄板と相方さんの腕が鳴りました。



豚玉


「お好み焼き」


まずは豚玉。作製途中。








豚玉2


仕上げ。








葱焼き


続いて「葱焼き」


牛スジの味付けは私が担当。








海鮮モダン焼き


フィニッシュ、「海鮮モダン焼き」


海老と帆立入り。



お好み焼きにしよ~よ!と言うたびに喜ぶ相方さん。
そしてその都度、作りながら思い悩む相方さんです。
もちろん私はその前で焼きあがるのを待つだけ。
どれも美味しくて私は満足なんですけども~。
関西方面のかたは皆さんお好み焼きに相当のこだわりがあるんでしょうかね?

しかしモダン焼き考えた人って、「そば飯」然り、どれほど粉モノ食べたかったんでしょう。
いや、すんごく美味しかったんですけどもね!








その他のメニュー。



鳥わさ風サラダ


「鳥わさ風サラダ」








若布と葱の味噌汁


「若布と葱の味噌汁」








100529の食事記録


以上を並べまして、昨日は「血が小麦粉になるんじゃないか?」と思えるほどに食べた関西食卓とあいなりました。


ちなみに撮った分全部は食べてはいませんが、これより4、5日の夜のおつまみはお好み焼きの予定です(笑)














本日のメロさん。








天使の輪?


冷静にドーナッツ座布団を眺めるメロさん。
まるで天使の輪にも見えなくはありませんがね(*´д`;)

それはあなたが座るためのものだったって憶えてる?








天使の輪?2

ん?



いや、いいの、なんでもないの


ドーナッツ座布団はすっかりオブジェ化しとります。
いいんだ・・・猫ちぐらにさえ入ってくれればいいんだ・・・(と言いつつ

スポンサーサイト
紅茶梅酒-解禁-
紅茶梅酒解禁


6月に漬けた梅酒


れいごんさんのところの先日の記事を拝見して、「そうだ!解禁の時期だった」と思い出した次第です。
とうわけで、恐る恐る本日飲んでみることに。








紅茶梅酒解禁2


まず、色は琥珀を通り越して赤味のある濃茶。
香りは途中で茶葉を引き上げたとはいえ、しっかりアールグレイの香りが。
そして一口・・・


「うめーーー!Σ(゚Д゚)」


ホントうめかったです。
黒糖梅酒に劣らぬ旨さで大満足!
紅茶と梅酒の組合せは初めてやってみたもんで、紅茶の渋みがどういう感じで出ているのかが少々不安だったんですが、ノープロブレム!!多少の渋みは出ているものの、ジャマにならない程度で無問題。
これは引き上げたタイミングが良かったんだろうな。

れいごんさ~ん!我が家でもこれからグイグイと美味しく呑めそうですよ!西に向ってカンパーイ☆


では晴れて成功しましたので、今回の配合をメモメモ。
梅の季節はまた6ヵ月も先ですが、ご興味のある方は参考にしてみてください。

【紅茶梅酒】
材料 ( 【3L瓶】一瓶分 )
青梅(南紅梅使用) 1kg
氷砂糖 600g
ブランデー 1.5L
紅茶葉(今回はアールグレイ使用) 30g

渋みが強くなる前に紅茶葉を引き上げます。
漬け込み後、2週間前後が目安。
その頃にはもう氷砂糖は溶け込んでいますので、消毒した容器に梅酒を一度漉し入れ、紅茶葉だけを取り除いて再度茶葉と一緒に引き上げた梅を漬け込んでください。
ちなみに紅茶と梅を一緒に漬けると、次第に梅に黒い点々が付着することがありますが、これは紅茶のタンニンが付着したものですので問題ありません。
また、我が家では菓子作りにも使用しますのでブランデーで漬けていますが、もちろんホワイトリカーでも美味しいと思います。
とにかく梅酒好きの人にはオススメです。














本日のメロニアさん。








匂う?


何故か己のしっぽを嗅ぐニアさん。








匂う?2


な、何が匂うの?ねえ
自分のしっぽなのに悩ましい顔しないでよ(*´д`;)








と思えば、こちらはこちらで・・・








匂う?3


相方さん使用のちゃぶ台?の足を嗅ぐメロさん。








ちょっ、ちょっと!なんの匂いするの?








匂う?4

「ワシのマズルのグッドスメル!」



マズルの匂いかぁ~(*´д`*)そうかぁ~。
じゃあ人間にはわかんないや・・・orz

紅茶梅酒-2009-
梅酒


今年の梅仕事も無事終わりました。








梅酒2


梅酒は去年に輪をかけて黒々・・・。


まるで何かの醤油漬けみたいですが違いますよ(´Д`;)
今年はまずブランデーに紅茶葉を漬け、先に味と香りを移して漉してから梅を漬けてみたのです。
なもんでこんな色に。
一応今のところはアールグレイのい~い香りがしていますが、これが半年先、一年先になるとどうなることやら。
梅と混じって更に更にイイ感じになってくれればいいんだけども・・・。
怖くもあり、ワクワクでもあります。








梅の甘露煮


その他には甘露煮なんぞも。








梅の甘露煮2


これも毎年作っているものであります。


こちらはず~っと変わらずに和三盆で。
グラニュー糖で作るよりも、甘さが控えめで柔らかく出来る気がするのです。
しかし相も変わらず何かのホルマリン漬けのようで見た目キモチワルイデスね。。。
夏菓子として一番いい味だしてくれるんだけもなぁ~。
今年もこれでまた「梅流し」やら色々作るつもりです。
そのうち一つぐらいこれをペーストにしたものでケーキなんかも作れればいいなぁ~、なんて思ってます。








あ、そういえば去年の梅酒は



黒糖梅酒-2008-


こんな感じで漬け上がっています。
黒糖独特のコクと風味が旨し!
時間が経てば経つほど旨味が増しますね~。
それなのにもう無くなりそうなのが寂しい限りです。


<歴代の梅酒たち>
和三盆梅酒-2007-
黒糖梅酒-2008-

さて、来年はどんな組合せでいこうかなぁ~(´-ω-`)








ではここからは土曜日のお食事記録。
昨日は中華でございました。



鶏肉とカシューナッツの甘辛炒め


「鶏肉とカシューナッツの甘辛炒め」


レシピはこちらから拝借。
鶏肉とカシューナッツは最高コンビ!!
甘酸っぱ辛いのがほんのり夏向き風情で旨かったです。
ただ山椒を入れるのを忘れてしまったのがヽ(´Д`;)ノ
心残りであります。。。
また作ろ。








その他のメニュー。



梅スタミナチャーハン


「梅炒飯」








トマト奴サラダ


「トマト奴サラダ」








コーンスープ


「中華コーンスープ」








090620の食事風景


以上を並べまして、昨日は少し夏を意識した中華メニューとなりました。


「トマト奴サラダ」はこちらを参考に。
ガーリックが利いたタレが芳ばしくて美味しかったです。
夏バテ中とかにこれは良さそうかも♪














本日のメロさん。








どんマイケル?

『What's Michael?』



足元がキュートよ、メロさん。
思わず昔懐かしい漫画を思い出しちゃった。
これで本当に立って踊っていれば完璧だったね!惜しい!

黒糖梅酒-2008-
黒糖梅酒


今年は黒糖梅酒です!(`・ω・´)b


漬けたのは6月15日。
ここに書いておかないと忘れちゃうのでメモメモ。
去年は「和三盆×ブランデー」で漬けましたが今年は「黒糖×ブランデー」で。
さてどんな味になるのかは半年後のお楽しみ♪
和三盆で漬けたものはかなり後味スッキリでしたが、今回はコクのある仕上がりになるんではないかと思います。
あ~楽しみ楽しみ♪
美味しさが更に増すように、毎日振って念を込めようと思います。








黒糖梅酒2


尋常じゃないくらい美味しくなれよ~~~!!








猫と梅酒


さて今回、これを撮るのに相方さんは相当苦労しておりました。
なぜならこの日、写真を見ての通り曇り空
少しでも明るく撮れるよう、自然光を捜し求めてとうとうそこはキャットタワーの上に(笑)


メロさん、スイマセン。。。お邪魔させてもらってます。








猫と梅酒2

クンクンクン…

「なんやこれ」

ヒクヒク…








猫と梅酒3

「あ、怪しいにもほどがあるっちゅうもんやで!!」



腰砕け気味じゃないっすか、メロさん(´-`)








猫と梅酒4

「当たり前やがな。ワシのタワーにこないけったいなモン置きよって」








猫と梅酒5

くぁ~~~っ

「やっぱなんか臭いっ!」

カキカキ…カキカキ…(砂掻き)








猫と梅酒6

「ほんまなぁ、あんたら人間無理しすぎやで。なんでもかんでも食おうと思ったらアカンて」



そんなに危険なものではないんです~。
半年後の解禁日が思いやられます…(*´д`;)

和三盆梅酒-2007-
梅酒2007


2007年の梅酒解禁ヽ(´ー`)ノ


去年の6月に漬けた梅酒を先日ようやく試し呑み。
半年ぐらいだとまだ軽く酸味があるものの、もう立派な梅酒に。
こりゃうめぇ~~ヽ(´ー`)ノ (ダジャレじゃないです…)

実家の母は毎年漬けていましたが、自分で漬けるのは今回が初めて。
しかも初めてにも関わらず、ブランデーと和三盆漬け。
かなり甘くなりそうだなぁ~と思いながらも、お菓子作りに殆ど使うからいいやぁ~ってな感じで漬け込んでみましたが、試飲してみると。

うぉっ!?めちゃ、ちょうどいい感じΣ(゚Д゚)

これはお菓子に使う前に、そのまま呑んでしまうかも
一日に一杯づつ相方さんと呑んで、毎日ふわ~っといい気持ちで酔っ払ってます。
一応上の写真のようにスパークリングウォーターで割って、ちょびちょび呑んではいますがね。








梅酒2007-2


ストレートではこんな感じ。
グラスのせいで青みがかってますが、綺麗な琥珀色です。








漬け初日


ちなみにこれが半年前の漬け込み初日の画像。






半年後


これが今。


なんだか怪しいホルマリン漬けのような。
一つだけ浮いてるのがオマヌケですね。
青梅がもうピッコロ大魔王の頭にしか見えない…(汗)

脇から見えているのはメロの尻尾。
どうやらこのデカイ瓶が気になる様子?








こそこそ


梅酒だけ取り出してみてもやっぱり気になる?
いや、更に気になってる?








くさい!

「なんや、なんや、この匂い!コレ呑むんか?あんたらコレ呑むん!?」


ニャンコには梅酒の匂いは強烈の模様。
いつのまにかワラワラし出す…。








確認中

クンクン…

「どないやねん…。ほんま呑めるんかいな」



自分も呑めるものなのか確認するメロ。
ニアの興味は既に下に敷いた紙の方に。



さあ、どうする!?
どうするの!?メロ。









乗り出し

「こ、これは!?」






「これはアカン!!」








カキカキ

「隠さなっ!隠さなっ!」








カキカキ!!

「コレは隠さなアカンでぇーーーー!!!」

カキカキカキカキッ!!



もの凄い勢いで砂掻きし出すメロ。
その勢い、最高速度。
き、きっと近くにヤバイ天敵がいるに違いない。。。


そうでも言っとかないとっ。
はたから見たら物凄く印象悪いじゃないかぁーーー!!(怒)

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。