ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
レーズンバンズ
レーズンバンズ


無性に食べたかったレーズンパン!


作りました。
今回は特に取り立てて言うことはないんですけども、、、
じわ~と甘いパンにレーズンは最高でした。








レーズンバンズ2


昔はこういうパンよく食べてたなぁ~。


あんぱんよりも牛乳との相性がいいと思うのですけども、どうでしょう。
(餡はやっぱりお茶が欲しくなるんですよね・・・)








ではここからは先週土曜の食事記録です。
この日はガッツリ系和食で攻めてみました。



豚の生姜焼き


「豚の生姜焼き」


これを見て、「今日は随分と男飯やなぁ~」と言ったのは相方さんでした。
そうよ!それを狙ったんだもの。アァ?( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ
でも実のところは、この日はあんまり作る気力がなく、とにかくてっとり早く出来そうなもの!ということでこうなったのでした。
生姜焼きなんて、過去片手で数えられるほどしか食べたことないけど、美味しかったですよ。








その他のメニュー。



豆腐と納豆のサラダ


「豆腐と納豆のサラダ」








アスパラの焼きびたし


「アスパラの焼きびたし」








小松菜、ブロッコリー、カボチャ、油揚げの味噌汁


「小松菜、ブロッコリー、カボチャ、油揚げの味噌汁」








110604の食事風景


以上を並べましてこの日は、ジメジメした暑い夏に向けての事前スタミナ系和食とあいなりました。














昨日のメロニアさん。

まあ、今日もそうだったんですが、、、








暑い


メロニアさん、すでにバテ気味であります。。。


いや、まだメロは平気かもしれない・・・。
問題は、後方にいる黒子さん。








暑い2

メロ:「大丈夫け?」

ニア:「う~ん・・・」









暑い3

ニア:「アタイ今年の夏、この黒い服じゃダメかもしれない・・・」




暑くなって、ご飯が普段の半分しか食べられないニアさんでございます。珍しい・・・
それでも食事を避けることはしないので、まだ心配するもんでもないと思うんですけどもね。
冬から春は、寒い寒いと始終コタツに潜りこんでいたのに、いざ暑くなるとこうなるかorz
しかもまだ序盤なのにぃぃぃ!!
今年の、「これで夏の乗り切れ!猫ども!」対策が、大変悩ましいところであります(´(・)`)

スポンサーサイト
金時豆パン
金時豆パン


じわじわと食べたい欲求の%が上がってきていた豆パン作りました。


私はあえて比べるならアンパンよりも豆パンが好き!
しかしなんでも『豆パン』って、一般では金時豆が入ったパンを指さないようですね。
なもんですから今回、タイトルには『金時』も付けときました。
だって・・・ウィキペディアで見たら、「北海道では、生地に甘納豆(金時豆)を用いたアンパンのような丸い菓子パンを指す」と限定されているんですもの( ゚Д゚)アライヤダ!!
この歳になってからのまさかのことにビックリです。
でもこの手のパンて、少なくとも関東のパン屋さんでも売ってたりしてなかったっけ?見たことあるぞ?
やっぱりそういう時はわざわざ『金時』とか『甘納豆』とか付けてるんでしょうかねぇ。これまで気にしたことなかったけども。
ちなみにそうそう、同じウィキペディアの中で書かれております「コッペパンタイプの甘納豆パンが存在する」は、釧路で小学生をやっていた当時の給食で経験済みであります。
なんだ、あれも他の地域ではないのか。
普通のラーメンとか、イカ天みたいなオカズと一緒に出てくるので、食べるのに四苦八苦したもんだが、他の地域の人はあの苦しさを経験してないのね、そうかぁ~~。
これは少なからず衝撃でありました。








金時豆パン2


しかしながら単独で食べる甘いパンとしてなら『豆パン』、『甘納豆入りコッペパン』は大・大・大・大好物!


そしてこの表面に透けて見える豆の様子が食欲をそそるんですよね~。
生地の中に金時豆を包んで丸め込んで丸め込んで、生地が破れるか破れないか皮一枚寸でのところまでを目標に頑張りました。
おかげで実に理想的な仕上がり具合に!
食欲から生まれる集中力は只ならぬものがありますね~。
ただ欲張りを言えばもっともっと豆を押し込みたかった・・・。
お店で見かける倍以上の量を詰め込んでみたかったですが、なにせ初めて作るものですから成形に不安があり、今回はその衝動を抑えました。
次回は倍量でやってみたいところであります。








金時豆パン3


割ったらこんな感じです。


ちなみに今回の生地はe-パン工房さんの「超芳醇バターロール」を参考にさせてもらいました。
これなら本当に一日経ってもモッチモチ!
金時豆にも負けないほんのり甘みのある美味しい生地でもあり、組み合わせて正解でした。
牛乳片手にまた作ろ~~~








ではここからは日曜の食事記録です。
カレーときたら、次の日の定番は我が家ではコレです。



カレーうどん


「カレーうどん」


ただし何度作っても盛り付けがヘタなもんで。。。
汚く見えて画面の前に座ってらっしゃる方の食欲が失せてしまっていたらすいません。
うどん捏ね、出汁作り担当、私。
うどん茹で、相方さんでございます。
当人達はとっても美味しく食べたんです。
でもホント致命的に麺物の盛り付けがヘタなんです・・・私








その他のメニュー。



ねぎ入り出汁巻卵


「ねぎ入り出汁巻卵」








白和え


「アボカド入り白和え」








110220の食事風景


以上を並べまして昨日は、時間が経ってもあったかカレー出し汁でホッカホカ~な和食卓とあいなりました。


しかし、この集合写真時にハプニングあり。
真っ白いテーブルクロスにカレーうどんをぶちまける・・・といった定番のギャグをかましてしまいました。
カレーの黄色と白い布のコントラストは実に鮮やかで素敵でございました。
なもんですから、「こぼさなかった方」の手前のカレーうどんの表面が明らかに乾いているのでございます。
でも片付けて、セッティングしなおし、二度目の写真を撮って尚も温かだった手前のカレーうどん。
とろみを付けたカレー出汁の保温効果は絶大だと、身をもって体験させてくれたのでした。














本日のメロさん。

遊び時間開始までの定番待ち場所がココです。
ちなみに夜限定。








待ってます

ちょこなん



人間達がお風呂に入り、お酒と共にちょこっとツマミ、コタツの席について寛ぎ出したら、メロさんの出番となっているようです。
もうちょっと出番を・・・せめて30分ずらして欲しいんだけども?(*´д`;)








待ってますよ

「わかるやろ?ワシ、『待っとるんやからな』



でもこの視線にすぐさま相方さんが打ち抜かれてしまうので、交渉しようにも思うように出来ません。。。

ノワ・レザン
ノワ・レザン


ブーランジェリー・スドウさんで販売しているノワ・レザンを気持ち真似っこしたものです。
ほんの気持ちだけ・・・(そう言わないと恥をかく








ノワ・レザン2


ちなみに実際食べたこともないのですが(*´д`;)…


全粒粉・レーズン・カレンズ・胡桃が練り込まれているハードパンだということだけは知っとるのです。
なのであとはもう超テケトー!
はっきりとした配合比率だってわからないので、いつも焼くカンパーニュの配合をいじくり全粒粉等々を足し、そしてせめてとばかりに、とある雑誌に書いてあった通りに下処理したレーズン・カレンズ・胡桃を突っ込んで焼きました。
普段ハードパンをなまこ型に成形することなんてほとんどないし、ざっくりと斜め横にクープを何本も入れていくこともあまりしないので、焼き上がり後の見た目はとっても新鮮!
しかも結構上手いこと焼けた!


んですが、、、








ノワ・レザン3


ん~(´-ω-`)


ちょいとレーズンが足りなかったもようです。この生地にはもっとレーズンの瑞々しさが欲しかった。。。
雑誌で見た本物のノワ・レザンの断面と見比べても、気持ち少ない感じがするので尚更そう感じました。

しか~も~!

本物の方はライ麦粉が入らないそうでして。。。(あとから知ったorz)
カンパーニュをアレンジして作っちゃった私のコレは、もうもうンモーーッ!まるで別物。
なので一番始めにしつこくことわりを入れたのです。ほんの気持ちだけ真似たものだと( ;∀;)








それでも味が特別悪い!というものでもないので、一番やりたかったことをやってみる。






ノワ・レザン4


ノワレザン・ラスク風~


これもあくまでも「風(ふう)」です!
こんなのもブーランジェリー・スドウさんではありまして、私は以前ノワ・レザンとは入っている具が違う「フィグ・ペカン」で作られたラスクを食べたことがあるのですが、それがむちゃくちゃ美味しかったんですよね~。
なのでそれを真似したかったんですが・・・

これまた何かが違ったよう(´-ω-`)

表面の仕上がり具合が違うし、パンに浸み込んだシュガーバターの味わいも、おぼろげな記憶ながらあの時とは違ったのでした。








ノワ・レザン5


これはこれで結構美味しいんですけどね~。


でもどうせ目指すならもっと近い感じに持っていきたかったところでした。

甜菜糖の代わりにヴェルジョワーズを使ったのが悪かったのかしら・・・
それともシュガーバターを溶かしてから塗り込むんだったのだろうか・・・

これはもう一度挑戦するしかありません!








ではここからは土曜日の食事記録です。
昨日も鍋~♪
先週のおでんで火が点いたもようです。



鶏つくね鍋


「鶏つくね鍋」


鶏つくねには擦った蓮根を入れてフワフワ感をアップ~。
これをポン酢に大根おろしを加えたタレにつけて食べました。
体に染み入る美味さでした・・・








その他のメニュー。



海草サラダ 梅ドレッシング


「梅ドレッシング、蓮根と海草サラダ」








20110115の食事風景


以上を並べまして昨日は、鍋とサラダだけ!な和食卓となりました。


でもちゃんと最後はおじやで〆とります。
夢中になりすぎて写真撮るのを忘れてました。














本日のニアさん。








ころん

こてん♪



ご飯を食べた後のニアさんは必ずここへ来て「こてん」としたあとウネウネする。
その様子はとてもとても満足げで( ´-`)



・・・私もやりたい。


パネトーネ パンドーロ
パネトーネ


今年焼いたクリスマス発酵菓子の続きでございます。


こちらは、この部分しか写せない「パネトーネ」(-д-メ)








パンドーロ


そしてこちらは、この角度でしか写せない「パンドーロ」(TДT)


結論を申しますと、言うまでもないことかもしれませんがこの二つは失敗したんでさぁ~。
クリスマス菓子の中でもメインの二つであったのに。。。
特にパンドーロは去年の失敗経験から、二個同時焼きではなく、火まわりの安定性を狙って1個づつ焼いたにも関わらず去年と同様の腰折れを起こし・・・orz
何がどう影響してるんだか。(ついでに二個焼いたのにもかかわらず、どちらも焼成過多に
と、焼き上がった直後は相当悩まされたんですが、今冷静に考えるとなんとなく失敗の原因が掴めたような気がします。
おそらく、まずこの型の高さ(12.5cm)が我が家の家庭用オーブンと合わないんでしょうね。型がオーブンに対して大き過ぎ、型の上面からオーブン上面の火元までの間が短すぎるんだと思います。それは毎回生地の上面が焦げ付くところからも分かってましたが。
それと、もともとこの生地は腰折れを起こしやすい生地だそうなんですが、家庭用のオーブンでは一つづ焼成するにしても、まだまだ温度の安定性、ないし火力に欠けるのでしょう。
参考にしているレシピはもともとプロ用のものですから、それに忠実な配合のものを家庭用オーブンで焼こうとすること自体が、端から無理だったんでしょうね~。
でも、じゃあ2008年は同じレシピを参考にしたわりに、腰折れせずきっちり焼けたのはなぜなのか(?ω?)
この経験があったので、今回は同じ条件でやったはずなのになんでだ~!?と暫く悩んでたんですが・・・。
こちらの答えは簡単でした。。。
さきほど、自分で書き出した2008年の配合をもう一度よ~く見直してみると・・・

今年&2009年⇒1個あたり総重量400g
2008年⇒1個あたり総重量約600g

全然違うじゃ~~んヽ(;´Д`)ノ

生地自体が腰折れのし難い安定性のあるものになってたんですね~。
ということで、来年は生地量を200g増やして焼いてみたいと思います( - _ - )
それでも美味しく食べてた記憶があるのできっと大丈夫!
・・・そう思いたいです。








発酵菓子各種


ちなみにパネトーネの方は焼成途中で陥没。。。
こちらは生地落ちです。
これも同じような原因だと思うんですよね。型を一回り大きくしたし。
それと、型に合わせて分量は増やしたつもりですが、元のレシピの発酵種とは違う種を使っていることもあり、レシピを同じように型の8分目まで発酵させてもこちらは加発酵だったんではないかと。
なのでこちらも試しに、来年は生地量を増やして焼いてみるつもりです。

なんだかなぁ~・・・orz
どちらもクリスマス・イブに焼いたものだったので尚更落ち込み度MAXでありましたよ。
でも来年、来年こそは堂々とさらせるもの焼いてやる!!
根っからの負けず嫌いである自分はそう決意いたしました
がんばんぞーーー!!!
来年は忘れずにパンドーロに粉糖もかけるぞー!!!








ではここからはクリスマス当日の食事記録と今年のクリスマスケーキの購入記録でございます。
まず、今年のケーキはパリ・セヴェイユのものを購入♪
それはそれは美しいケーキでございました。上とは大違いで・・・



ル アリコ マジック


「ル アリコ マジック」


伊勢丹で購入しました。テーマは「ジャックと豆の木」だそうです。
伊勢丹からは毎年10月頃にその年のクリスマスケーキのカタログが送られてくるんですが。
そこに載ってる写真のものよりも綺麗な仕上がりにビックリ!!
よく写真で見ると素敵なのに現物は・・・ってものが有名なパティスリーでもありますが、クリスマスの繁忙期にもかかわらずこちらのものは全くと言っていいほど粗さがない。凄いことだと思います。尊敬!!!








ル アリコ マジック2


そして味も、それはそれは口当たりよく、しみじみと美味しかったのでした。


ナッツ入りクランブル?が土台。
オレンジのコンフィを挟んでピスタチオのビスキュイ。
ピスタチオ?のムースリーヌ。
オレンジのジュレ。
周りはピスタチオのバタークリーム。
といった構成だと思われます。

大好きなピスタチオを堪能できて本当に幸せでした~(*´д`*)
見た目も含めてホント買って良かった一品です。








んでは以下からは食事記録です。
今年はイタリアンでせめてみました。



トリッパの煮込み


「トリッパの煮込み」


今年のメインは牛の胃袋、ハチノスの煮込みでした。
外では何度か頼んだこともあり、好物でもあるんですが作ったのは今回が初めて。
牛の内臓を売ってる肉屋さんが周りにはないもんで。。。
なので今回はネットで注文して届けてもらいました。
作り方は臭みさえ抜けば、あとはひたすら煮込むだけ。
レシピはこちらを参考にし、あとはちょっと材料を色々足してます。
お店と同じように柔らかく出来たし、味はもうちょっと個人的には辛みが欲しかったのですが美味しかったです。
また作りたい~~~。
もっと気安く買えるところがあればいいんですけどね~・・・。








その他のメニュー。



ムール貝の白ワイン蒸し


「ムール貝の白ワイン蒸し」








ローストチキン


「ローストチキン」(毎年恒例、釧路からの賜り物)








山羊のチーズのロースト・タイム風味くるみサラダ添え


「山羊のチーズのロースト・タイム風味くるみサラダ添え」








パスタ エ ファジョーリ


「パスタ エ ファジョーリ」(の、パスタを抜いた版)








101225の食事風景


以上を並べましてクリスマスは、品数で押してますが去年よりは手が掛かってない!イタリアンクリスマス食卓とあいなりました。


並べるの忘れてましたが、これにバゲットも(*´д`;)
あと、毎年相方さんが悩むのが、ローストチキンの置き方で。
これで合ってるんでしょうかね??
足首が上でいいのかな・・・下にするのかな・・・。
別にどう置いても結局味は変わらんので(笑)詳しく調べたりしなかったりします。
なので来年もきっと相方さんは面白いぐらい悩むと思われます。














クリスマスのメロニアさん。

メロニアさんにとってはクリスマスなんてどうでもよく、、、








快適でっす


部屋の温度が重要~。


このところ連日人間メスがほぼ在宅してるので部屋中ぬっくぬく!
始終あちらこちらでコロコロしてます。








快適でっす2


メロさんも暖かさを堪能中。


表情が渋すぎてわかりませんが・・・これが彼女の満足げな精一杯の表情です。
あとは、今年は猫用のクリスマスプレゼントをあげたり頂いたりもしたので、今までにないぐらい遊んどります。
ほら~~クリスマスって猫にとっても楽しいでしょ~♪

ポティツェン
ポティツェン


クリスマス菓子、たんまり作っておりました。


これは「ポティツェン」
ウィーンの発酵菓子なんだそうです。








ポティツェン2


それを更にクリスマスっぽく、こってこて~にグラスアローやらフォンダンなんかを使って飾り立ててみたんですが・・・(上から見るとなんだかフレンチクルーラーっぽい








ポティツェン3


中にはヘーゼルナッツペースト、チョコレート、ローマジパンやらで作ったフィリングも巻き込まれており、非常に甘い作りに。。。


忘れてたんですよね~。
中にこのペーストを巻き込んでいたのを。
焼き上がった後は、いかにこれを格好良く見せようかと考えるばかりで、味の総合的なものを考えることは疎かに
でもエスプレッソなんかには非常によく合うと思うんですよ~。甘くて甘くて(*´д`;)…
うちではお茶をがぶ飲みして食べましたけれども。

あぁ・・・グラスアローだけにしとけばよかったorz








その他にはこんなのも。



スペキュローズ


今年はうまいこと猫型に抜けたんですよ~♪


「スペキュローズ」です。








スペキュローズ2


ちっさい方も!


なのでこちらはそれだけで合格点(笑)
もちろん味も、今回は去年より更に本格的にと、ヴェルジョワーズという砂糖を使ったおかげもあり、深みが出たようで美味しかったんですが(´∇`)








スペキュローズ3


そしてこちらはスタンプで猫模様をつけて丸く抜いた方。


これには裏にチョコレートを塗ってみました。
お~いすぃ~い!!!!
去年、『まめ子ちゃんの海外生活』のまめ子さんに、「こちらではスペキュローズにチョコが付いてるものが売ってますよ~」と教えていただいていたので、今年実践。
まめ子さん、これは確かに美味しい!!
これならスパイスが入ったクッキーでも子供に受けそう。
そのまま食べるよりも更にクセになりそうな味です。
これは来年以降も欠かさず作らんとっ。
まめ子さん、素敵なこと教えてくれて本当にありがとーー!!








あとは、ダークフルーツケーキをようやく開封。



ダークフルーツケーキ


この時に作ったものでした。あれから三か月。
なかの具(洋酒漬けナッツやらドライフルーツやら)がほとんど底部分に集まっちゃってるのは気になりますが・・・。
生地を更にきめ細かくしてみたので、味と口当たりだけは抜群に美味しいものになってました~。
来年以降はこの生地の状態を保ちつつ、具が底にたまらないように何か対策を立てないとって感じです。
最も厄介そうではありますが。。。








クリスマス菓子


で、以上を並べますとこんな感じになります。


今年のクリスマスも思う存分作った作ったぁ~~( ´ー`)フゥー
でもまだ明日に続きます。
家の中がもう連日甘いです(笑)











本日のメロさん。








ぷっくり


メロさん、いつのまにか冬に向けてプクプク太ったスズメのようになってました(*´д`*)
こうあらためて見ると猫の冬毛とは凄いもんだ。








ぷっくり2


クリスマスのせいもあるのか微妙にゴージャスにも見えるよ。
そしてちょっと巨乳っぽくも?
猫界の叶姉妹と言われる日も近いんでないかい!?


※お知らせ※
これまでメインで使ってきたパソコンが壊れたせいで、只今更新が二日遅れとなっております。
コメントのお返しも遅れており、大変申し訳ございません!
徐々に日数分の記事更新、コメントのお返しを行います。
ちなみに、新しいパソコンを購入したんですけども・・・Windows7・・・・扱いづらしorz
現在、画像加工一つにしても一つの記事あたりで1時間以上かかっちょります。。。
あーーん(TДT)

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。