ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
熱しやすく冷めやすい猫に
ひろびろ

メロ:「お~~、久しぶりに広々なったなぁ~」

ニア:「うんうん」



数日にして一反木綿ブームが去った我が家…。








私が振り回して誘っても既に反応は鈍く



耳だけ~

ピクピクッ

ニア:「ハイハイ、あとでね」



ニアなどはもう、耳でしか返事をしてくれない時も(´;ω;`)
メロでさえ床に広げた一反木綿をわざわざ避けて通ったりするのだから、流行は終わったらしい

あぁ…熱しやすく冷めやすいニャンズよ。きっと草葉の陰で目玉オヤジも泣いてるよ。

ということで一反木綿は一時撤去。
今は私の座椅子カバー的位置におられます。

いいんだ、いいんだ、、、忘れた頃にまた出してやる








広なった

「いやぁ~広なったわ」








広なった♪

むふふん♪

「いやぁ~広なって、随分快適になったわ♪」



ヽ(`Д´)ノ








むっふー

「せやけどぉ…なんやら微妙にもの足りひんかもなぁ~」



(゚∀゚)








懐かしい~~

「新しい玩具また欲しな~~」



ヽ(`Д´)ノウワァァァン



そして早速今晩届いた小包の中にあった「ほっそい紐」と「箱」を取り合いし出したメロとニア。
人間にとってはすぐゴミになっちゃうようなものなのに…君たちはこういう何処にでもあるようなものの方がツボるのよね。。。

スポンサーサイト
ゲゲゲの猫太郎
それいけ!

メロ:「それいけ!!一反もめぇ~~ん!!」

一反木綿:「わしゃぁアンパンマンと違うけぇぇ~



苦しい修行を乗り越え、ようやく一反木綿を乗りこなせるようになったメロさん。
いやぁここまで大変だったね~~。

















反対です

んしょ

一反木綿:「もうたいがいに尻を向けるなぁ勘弁してつかぁさいぃぃ…」








臭い臭い

よっこいしょ

一反木綿:「じゃから…あんた…ちぃたぁわしの言うことぉ」








臭い臭い2

ペタン

一反木綿:「聞きんしゃ~い!!」








臭い臭い3

メロ:「こいつムッチャうっさいわ」

一反木綿:「なんじゃとぉぉぉ!!








そうですそうです

クルッ

一反木綿:「おっ!?」

メロ:「なんとなしにワシわかったわ。こっちがドタマっちゅうわけやな?」








おーー

メロ:「こうか?これでどこ座れっちゅうねん…このバスタオルの…」

一反木綿:「キィィィィ!!わしゃぁバスタオルとも違うけぇ、いったんもめんーーー!!」








乗れたー

メロ:「で、これでえぇのん?」

一反木綿:「くぉらぁぁ話を聞きんしゃぁぁぁい!!」



合格です!ヽ(´ー`)ノ
これで実写版「ゲゲゲの鬼太郎」の2か3かはメロの手に!!


ということで…








興味ない

うんにゃっ!?



その時の猫娘役は君ね。
10分もしないうちに飽きちゃうなんて…君は猫以外ありえません…。



しかしタオル地のうえ1メートルもない一反木綿とはこれいかに(´-`)

と思いつつ人間も充分楽しませてもらってます♪
これを持って家中走るとニャンズも飛び跳ねながら追いかけてくるのです。
バスタオルになる日は遠いよ、Uちゃん。

猫娘たち
ふみふみ

「鬼太郎~、はよぉわしを助けてくれぇぇぇぇ~」



我が家に一反木綿がやって来た。
どういうわけか私のために同僚が薬局で捕まえてきたのである。。。








むぎゅ

ムギュッ!!

「ヒィィィィ!!捕まれとる!これじゃぁ逃げようにも逃げらりゃぁせんっ



それにしても哀れ、一反木綿…








わらわら

ふみふみふみ

「う…ぅ…鬼太郎…ワシだけどうしてこがなぁ目に…」



広げる前から充分承知はしていたつもりだったけども、まさかここまで気に入られるとは。

同僚のUちゃんには改めてありがとうを伝えないといけないなぁ(´-`)
たとえ「バスタオルとして使ってやぁ~」なんて言われてたのであっても








のりのり


でもほら、一反木綿的にもこっちのが私に使われるよりいいでしょ~??








一列ね~

ちょこん、ちょこん

「あ…あんたたち重いからたいがいに降りてつかぁさぁぁぁ~い








重い~

ちま、ちま

「もう!もう!鬼太郎ーー!!わしはもうこのネコ娘たちの尻が臭くて辛抱でけん…」



本当だ…。
ちゃんと一反木綿の乗り方を鬼太郎好きとしては教えなきゃイカンね。


ちなみに、なぜ同僚のUちゃんが私の元にこの一反木綿を連れて来たのかと言うと、、、
「『ゲゲゲの鬼太郎』の中で一反木綿が如何に大変な思いをしているか」
ということを私が職場で切々と語ったからである。何してるんだ私。。。

でもね、たかが一反の布キレがいつも何人の妖怪やら人間を乗せてると思ってるんだ!
しかも切られたり、火点けられたりしてるんだよ!一反木綿は!!

と、原作は読んだことのない私が言ってみる(´-`)

桜もんぶらん
桜モンブラン


桜はもうとっくの昔に散ったのに


昨日の「桜ロール」は「桜もんぶらん」になりましたヽ(´ー`)ノ

餡子と生クリームの組み合わせって妙に美味しくて好きなんですよね~。
なので「桜ロール」を土台にして、桜餡を使ったクリームでモンブラン風にしてしまえば見映えもいいし、自分好みなんじゃない?ってことでやってみました。
ちょおっと桜餡のクリームが緩くなり過ぎだったり、混ぜ込んである桜葉のせいで絞りにくかったりしたのですが、味はグー!
作ってる最中はすんごい甘くなって、くどいんじゃないかなぁ~
と思ってましたが、幸い中に仕込んだ桜リキュール漬けのチェリーの酸味と、桜の塩気のお陰でそんなことは全然ありませんでした。
ただ結構ボリュ~ミ~なので一つ食べたら満腹になるのは確実です。。。








桜モンブラン2


あ~でもこれでだいぶ桜の葉と桜の花が減って良かった良かった♪
あとは残り3分の1を消費するのみ!えぇ、まだありますのよ…(´Д`;)
ってことで桜シリーズは今後も続きます。








では本日のニャンズ便り。








激写!

「ッ!?」



珍しくキャリーバックに入ったニアさんを激写!

いつもメロが独占してお昼寝する場所なので、ここではめったにニアの姿を目撃することはないのですが…。
彼女にはとある事情があるらしいです。


それは…


それはここから一歩でも外に出たら…








おりゃ

ガシッ!!

「受けてみよ!ワシの必殺アイアンクローー!!



どうやってもこの必殺技を防ぎきれないから。








おりゃおりゃ

「どぉや、ワシの爪は。参ったならさっきのことはゴメンナサイと素直に言え~」



いったいニアは何をしたのでしょ~(´-`)








かかってこいや~

ぬ~ん



とにかく何をしたにしろ、一度怒ったメロは手がつけられないほど執念深く、、、








おらおらおら

「出てこんかい、わ~れぇ~」



ニアが閉じ篭った後もそれはそれは長く長く、








ほれほれ

「出て来るまでワシはずっとここにおるで?」



猫とは思えないほど辛抱強く強く、








とほほ

「ちょっとここらにシシャモ置いてくれへん?」



何故か中には一歩も入ろうとしないで、ただひたすら待つのだった。

桜ロール
桜ロール


桜はもうとっくの昔に散ったのに


しかし我が家にはまだ『桜の葉』と『桜の花の塩漬け』が…(´-`)
ということで「桜チーズケーキ」、「桜あんぱん」に引き続いての桜シリーズ。

今回は「桜ロール」でございます。

野菜と音楽を育てるベーシストさんからのむちゃぶり?とも一概には言えないヒント(笑)から、実現いたしました今回のロールケーキ。
秩父の羊山公園の「芝桜ロール」とはまったく別物ではありますが、これもしっかりと桜薫るケーキにはなったかな?(ロール生地が所々切れてるのは見逃して
作りは外側から、桜葉パウダーを配合した共立て生地。
中は桜リキュールと緩めのチェリージャムのシロップを配合したクリームとなっております。
かなり色付きが薄いので、写真だと非常に分かりにくいんですが…実物の見た目は若葉色と桜色。そしてアクセントに金粉と。。。
とてもとても湿気ムンムンなこの時期には全然合ってないんだけどもなんとなく桜の香りが爽やかだったあの季節を懐かしく感じさせてくれますよ(かなり大げさだけどもね)


ちなみにこのロールケーキ、まだ続きがありまして完成形ではないんです。
色々とデコレーションを考えてるうちに、アレもやってみたぁ~い!とどうしても思うところがありまして…。
普通にコンビニとかでも売ってるから、たいしたもんじゃないんですけど、桜ではやったことがないので挑戦。








桜ロール2


んでは、その続きはまた明日と言うことで(/ω\)







では本日のニャンズ。








逆光いぇ~い



さて、この写真には猫が写っています。
さぁ!どこにいるでしょーかっ?








にゃにゃ?


どこにいるでしょーかっ?








にゃほにゃほ~


どこにいるでしょーかっ?








ここ~

「しつこいのは飽きられるよ?」



いや、いるのは誰が見ても分かると思うけど、なんだか心霊写真ポイなぁと思ってね
(上から2枚目の写真はニャロメっぽいんですが…)

とにかくニアさんは闇に溶け込むのが上手くて上手くて。
しかも非常に活発なお嬢さんなので、たまにですけど夜中に、、、

ドンガラガッシャーンッ!!

とすることが多く。
そのたびに家中の明かりという明かりをつけてから探さないと、無事を確かめられないのです(´;ω;`)
しかも人間二人とも視力が0.1以下ですから困ったもの。

できれば驚いた時でも「ニア~」と呼べば返事だけはして貰いたいものです。。。








ちなみにメロだと、






むほ~


白い部分がもやや~んと暗い中に浮かび上がるので、だいじょ~v( ̄Д ̄)v

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。