ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
猫の門番
廊下警備隊


我が家の廊下警備隊は今日も忙しそうです(´-ω-`)








廊下警備隊2

ぐだら~









廊下警備隊3


このように、夏の廊下の警備が厳重強固なものになるのは見慣れた光景ですが・・・








廊下警備隊4


10月あたりまで大半が廊下写真になってしまうのが困りもの(*´д`;)
気分転換にハーネスつけてベランダ遊び~♪なんてのも逆に嫌がられそうだしねぇ、暑くて。








廊下警備隊5


でもこれはこれで冬場には出来ない寝そべりスタイルだから、猫にとっては夏の風物詩的でいいのかしら。浸ってる?








廊下警備隊6


いや~、それにしてもこの部屋の入り口、








廊下警備隊7


今日はとっても行き来しづらいわぁ

まるでネバーエンディングストーリーに出てくるスフィンクスの門番たちみたいだ。
そのわりにはグ~タラしてるけど。。。



確かあの門番たちは、すこしでも恐怖を感じる人間が通ったら、その人間を光る目で殺してしまうんですよね~。
うちの子たちも目を光らせながら「テシテシッ!」ぐらいならできるかな(?ω?)

スポンサーサイト
パン・ド・ジェンヌ・フランボワーズ
パン ド ジェンヌ フランボワーズ


6月半ばに作りましたフランボワーズのペパンジャムを使って。


このジャムで一番作りたかったのがコレでした。
フランボワーズのパン・ド・ジェンヌ。
たくさんのローマジパンを使ってふんわり焼き上げたパン・ド・ジェンヌ生地の表面に、ジャムをこってり塗って、上からフォンダンをかけたものです。
この磨りガラスのようなフォンダンの下から赤いジャムが見えるさま!
これが一度やってみたかったんですよ~♪
残念ながらトップ部分にフォンダンかけ過ぎて、一部分は白いまんま残っちゃったんですが・・・








パン ド ジェンヌ フランボワーズ2


(´・ω・`)ショボーン


それでも今回は上出来な方だったと思う!
なにより生地がきめ細かくしっとりと焼きあがったんです。
余計な気泡もほとんどなし!








パン ド ジェンヌ フランボワーズ3


どこを切っても綺麗な断面に我ながら感動しちゃいました。
もちろんレシピはプロのパティシエのものですけどね~。

あ~きっと材料の配合が絶妙だったんだな(´-ω-`)








パン ド ジェンヌ フランボワーズ4


でもこの生地の甘味に作っておいたジャムの酸味はちょうどよく♪
このレシピ、なんだか自分のものに出来たような気がしてしまいましたΨ(`∀´)Ψウヒヒ

いや~ホント今年一番よく出来た焼き菓子だった・・・ここで運、使い果たしてないといいな~~。














本日のメロさん。








見てるよ


この状態でしばらくの膠着状態。

どした?にらめっこする?








見てるよ2


先に負けたのはなかなか我慢強く出来てないメロさんでした。








見てるよ3


そしてこれ見よがしにドカッと








見てるよ4


座る・・・








見てるよ5


んも~!絶対そばに来てほしかったんでしょ~コノコノ( ´Д`)σ)Д`)



メロさんは、ココらへんで寝っ転がっていると必ず人間がやってきてくれると思い込んでおるのです。
だから人間がこっちを見てるな・・・と思ったらすかさず、それはそれは大袈裟に寝転びます。
そんなにモフモフして欲しいのかぁ~(*´д`*)かわいい奴め。

タルト・フロマージュ・オ・ミルティーユ
タルト・フロマージュ・オ・ミルティーユ


ブルーベリー山盛っさんで!


去年は色んなショートケーキを作ったもんですが(マンゴーメロンスイカ等々・・・)。
今年は色んなタルトを作っていこうと思っとるんです。
なもんでチェリーのタルトに続いてはブルーベリー!
ショートケーキと違って盛りだくさんに乗せられる果肉!これはさすがに自分で作ったもんであっても魅力的です(*´д`*)
ふわふわのスポンジに果物も充分堪能出来てはいたけれどもね~。








タルト・フロマージュ・オ・ミルティーユ2


ちなみに今回は、直前までチーズタルトにするか、ブルーベリータルトにするかで悩んだのです。
その結果、もう面倒くさくなってドッキングすることに(*´д`;)
でもこれが美味しかった!
やっぱりチーズケーキにブルーベリーは安心できる味というか、安定した美味しさがありますね。
ちょい残念だったのは、安売りのブルーベリーを買ったせいか、そのままのブルーベリーは味が薄く水っぽかったこと・・・orz
でも一段、ブルーベリーをコンポートにしたものも挟んだので、そこで濃縮されたブルーベリーの味が堪能できました。
ちょいとカットすると汁ダクな感じにはなっちゃったんですけども
自分で食べる分には無問題!








タルト・フロマージュ・オ・ミルティーユ3


ただ傍目から見て、汚く見えていなければいいなと思うばかりで。。。
でもこれが土台のベイクドチーズに良く絡んで美味しかったんですよ~。
本当です(´;ω;`)








ではここからは頂き物のケーキの記念写真です。
誕生日が近いということで、いつも私の作るものの消費を手伝ってくれている友人が、ケーキを持ってきてくれました。「TOSHI YOROIZUKA」の(TдT)
私はいっつも消費しきれない素人ものの菓子・パンしか渡してないのに。。。



アンニャ


「アンニャ」

フランボワーズのバヴァロワにリュバーブ入りタルト。


美味しかった・・・時間が経ってもタルトさっくさく。
そしてリュバーブ食べるのは二年ぶり。うめ~。








ピュイ・ダムール


「ピュイ・ダムール」

クレーム・ピュイ・ダムール(パティシェール、ムラング・イタリエンヌ、生クリーム)、クレーム・パティシェールを絞ったパイ。


時間が経っても、カラメリゼ部分が溶けてきててもパイさっくさく!
チョコレートのコーティングもしていないし、カカオバターを噴射してるようにも見えないのに、いつまでもさっくさく!衝撃でした・・・。








KITANO


「KITANO」

北野武さんをイメージして作ったものだそうです。(これは本で見て知ってた~)
ショコラのムースに花山椒。ピンクペッパーを利かせたガナッシュ。


スパイシーな味に友人は「理解不能の味」と言っていましたが、スパイス好きの私にはツボでした。
この間食べたアンリ・ルルーの花山椒を使ったケーキよりもしっかり花山椒しててうまいと感じた!
しかしこの、ペッカペカのグラサージュに私が写りこんでしまう罠が。。。
写真担当の相方さん不在だったのが悲しい・・・。








シュー・ペイザンヌ


「シュー・ペイザンヌ」

シュー生地にプラリネノワゼットと生クリーム加えたクレーム・パティシェール。
表面にはヘーゼルナッツ、アーモンド、ピスタチオぎっしり。


ナッツ好きの私のために真っ先に選んでくれたそうです。間違いなくドンピシャだよ!
一見食べづらそうには見えますが、上の生地ですくいながら食べると大丈夫でしたよ(笑)
全体的に漂う芳ばしさが美味でした。








よろいづかーー!


いつかは食べてみたいと思っていたヨロイヅカ。
まさかこんなに一気に沢山頂けることができるなんて(*´д`*)夢のようでした~。
そして食べ終わってからはHPに載っているルセットを凝視!
勉強にもなったよ、Uちゃん。いつも本当にありがとう。
来年のあなたの誕生日には更に頑張るから待ってて!あとちゃんと美味しそうなお店のケーキも持って行くわぁ~。














本日のニアさん。

暑ければ降りればいいと思うんだよ(´-ω-`)








降りて来い


それ絶対暑がってるでしょ。手足が伸び放題だよ~、大丈夫~??








降りて来い2


よくみりゃ白目も剥いてるじゃんおいおい・・・。

チェリーチャイのフィナンシェ
チェリーチャイのフィナンシェ2


チェリー丸ごといきました。


先週作ったものですが、アップし忘れていたもので(*´д`;)
あまったアメリカンチェリーと、使っても使ってもいつの間にか冷凍庫にいる卵白の消費を兼ねて作りましたフィナンシェです。
名前に「チャイ」とついているのは生地の味をマサーラー・チャイ味にしてみたから。
「チェリーチャイ」というものが実際あるらしいんですよね~。だから組み合わせてみたんですけども。
しかし後から考えると、はたしてそれがチェリーにマサーラーなのかは不明・・・。
でもコレ美味しかったんですよ!全然無理のない組合せ。香辛料好きの私にはたまりませんでした。
スパイスケーキといえば、冬によく食べるダークフルーツケーキを真っ先に思い出しますが、似たようなスパイス使っててもこれはちゃんと夏の味もしてくれてた。アメリカンチェリーのおかげなのかな~。








チェリーチャイのフィナンシェ5


ちなみにこの、チェリーを軸ごと入れて色んなベーキングカップで焼き込む、というのは海外のとあるブロガーさんの真似っこでございます。
その方の作るお菓子、お写真はどれも素敵で更新されるたびに興奮(n‘∀‘)ηキタワァ
申し訳なくも私の英語読解力じゃあレシピ部分ぐらいしか正確な理解ができないんですけども
あの画面いっぱいから滲み出るセンス・・・只者じゃないということだけはわかります。
私じゃあなかなか規制概念を覆せないから、手本がない限りフィナンシェをこう↑は焼けなひ・・・。
さすがにその方のブログURLはかけませんが(個人でやっておられると思うので)、小物使いや色彩感覚も素敵な方です。
日本人独特の感覚も好きだけども、けっして生まれ持てない海外の人の感覚も好きだわぁ~。憧れるわぁ~。








チェリーチャイのフィナンシェ3













ではここからは土曜日の食事記録。
一度これを食べてみたくてですね・・・(本当はお店に一度行ってみたいとも思うんですが)



牛丼


作ってみました!牛丼!!








牛丼2


「牛丼」


すっかり鶏肉以外の肉も食べられるようになったので、作ってみたい衝動に駆られ(笑)
牛丼作りに拘る2、3サイトさんのレシピを参考にやってみました。
実際食べたことがないので参考となる味が不明で途中までは不安でしたが、相方さんによれば、一般的な牛丼屋さんの牛丼よりもこれは生姜が利いているそうです。甘辛さ、その他の味は近いとのこと。気に入ってもくれました。
やた~!私も美味しかったぁ~~~~ヽ(´▽`)ノ
前日に牛肉を白ワインとりんご果汁で漬けたので肉もホロホロ。
これは定番化しそうです!
でもそうね~、あとは次回作るまでに一度は有名牛丼屋さんに行っとくべきでしょうかね。
自分でも正確な味を是非知っておきたい!!








その他のメニュー



野菜だけの胡麻酢和え


「野菜だけの胡麻酢和え」








大根と油揚げの味噌汁


「大根と油揚げの味噌汁」








100627の食事風景


以上を並べまして昨日は、「見た目だけでも吉○家さん風に出来たかな?」な食卓とあいなりました。


でも一つ失敗がありまして。
牛丼に乗せる卵。
本当は温泉卵にするつもりでしたが結局生卵になっちまいました。
温泉卵がいつのまにか茹で卵になっていたせいです。。。
勝手にどんどん固まってんじゃないよぉーヽ(`Д´)ノウワァン














昨日のメロさん。

牛丼つゆの仕込をし始めた時の様子。








匂う?

くんくん



魚料理以外には反応したことないのにな。
と思ってたら、私、干し海老炒めてました(*´д`;)
あぁ、なるほど。








匂う?2


しかし猫って、食べてもいないのに食べ物の匂いを嗅ぐと口の周りを舐め始めるのって、どうしてなんですかね?
嗅いだだけで食べた気にでもなってるんだろか。不思議(?ω?)


猫は場所を選ばない
ちゃらへっちゃら


猫というのは、暑いと訴えるくせにどうしてそんなに上を目指したがるのか(´-ω-`)








ちゃらへっちゃら2


行くの?さっきまで床に張り付いてたのに。
さっきと室温ぜんぜん変わってないよ?








ちゃらへっちゃら3


ほら、どうだい?
お気に入りの場所で眠れそうかい?








ちゃらへっちゃら4

「アタイ平気」



マジですか・・・天井から30cmの隙間(*´д`;)
いくら家が縦横に狭いとは言っても、そこはさすがに温度違うだろうに

でもニアさんは基本寒がりだから「暑い暑い」と言ってるぐらいがちょうどいいのかな~。








ちゃらへっちゃら5

「手から汗出ちゃうぐらいがちょうどいいの」



猫は唯一手に汗をかくとは聞いていたけど・・・。
見たことないんだけど(・ω・)?


それにしてもニアさん。
その体感温度ぐあいの何割かをメロに分けてやって欲しいんだけど。








ちゃらへっちゃら6

くて~









ちゃらへっちゃら7

くてくて~~

「がまん・・・がまんせな、ワシ・・・」




ニアさんの換毛期はそろそろ終わりを迎えそうですが、メロさんの毛はまだまだよく抜けます。
勢いただただ脱毛しようとしているような。。。
おいおい、冷える時もあるかもしれないんだから夏毛までは抜くなよ?

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。