ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
タルト・フロマージュ
タルト・フロマージュ


「タルト・フロマージュ」といっても、しょっぱ系の所謂キッシュです。


キッシュの時は特にこの縁の部分が好きなのでアップ目で撮ってもらいました。
しっかりと固く焼き上がったブリゼ(フォンセ)生地は、アパレイユとの塩気とも相まってウマウマです。
甘いタルトよりも実は好き。ビールとも良く合うからです( ´∀`)つt[]
でも本当は最初、このタルトの土台にはフィユタージュの二番生地を使おうと思ったんですけども、そして実際その生地を型に敷き込んで空焼したんですけども、あえなく撃沈したので、これまた奇跡的に余っていたブリゼ生地になりました。
やあ、またフィユタージュの二番生地だと焼き縮みが激しくって
型にはぴったりに敷き込めていたんですが、焼き上がったものはでっかくて平べったい無糖のパイクッキーに・・・
もうこうなると、「何故なんだ」と思うよりも、「あぁ、これでもやっぱりそうなるのか」なんですが、失敗を繰り返さないと諦めきれない自分・・・、でもようやっとこれで諦めもつきました。
フィユタージュ二番生地は立体的にするには不向き!
ただただ平べ~ったく焼成するなら再利用可能なのですが、少しの縁の立ち上がりも、奴は踏ん張り切れないらしいです。(でもたぶん基本のフィユタージュ作りの時点で、私が捏ねくり回している可能性が強いので、全部が全部とは言い切れません)
なるほど~、一度作られてしまったグルテンは、どんなに休ませようとも元に戻るということはないのですな。
まあでもよく考えたりゃそりゃそうかも、うどんでも捏ね上げ寝かせたものを更に長期冷凍保存したって、多少の差こそあれ、やはり食べるとシコシコしているのだから・・・(´・ω・`)

気付くの遅しっ!!
いやぁもう二度とはやりません。
二日間にわたる手間が無になるのはコレっきりにしたい。。。








タルト・フロマージュ2


んで肝心のこのタルトでありますが、


中のアパレイユには冷蔵庫内で行き場を失っていたチーズが7種類ほど入っています。
確か、クリームチーズ・カマンベール・ゴルゴンゾーラ・シェーブル・ミモレット・グリュイエール・パルミジャーノ。
それらに生クリームと卵を加えて、味付けはなしでスパイスで香り付けだけして一晩置き、全体が馴染んでドロッドロになったものを、先に焼成しておいたブリゼ生地に流して再度焼成しています。
これが!味付けもしてないのにちょうど良い塩気になり、ものすご~く美味しく濃厚にできたのでした。チーズ同士の相性だってな~んも考えずに入れたにもかかわらず!
でもこれまたよく考えると、各チーズそのまま食べても充分美味しいレベルの塩気のチーズ。
確かに超テケトーに入れてってもそれなりに美味しいものが出来そうです。ただ生クリーム・卵の配合量が要になるでしょうけど。
ちなみにこれはとっ始めから私がテケトーにやってみたものでは勿論ありません。参考にしたレシピはこちらです。
ただ商品説明をよく読まないで、(説明には「基本にあるフロマージュにグリュイエールチーズを使用していますが、他のフロマージュを代用することもできます」と書いてありますが、材料名にはフロマージュとしか書かれていません)本気で何でもいいのかと思ってモッツァレラやカッテージチーズのフレッシュチーズ系を多めに入れたりすると、塩気が足りず物足りなくなるのでしょうね。
よかった、たまったまこれらが余ってなくて・・・
あったら絶対あまり物事を深くは考えないノータリンな私はやってた
グリュイエールチーズの塩気と同等のものを用意しないと色々と微調整はいりますわな~。








タルト・フロマージュ3


しかしなにはともあれ、こうして最終的には綺麗な形に、そして美味しそうな色に焼けてよかったわぁ~( ´・∀・`)フゥ








ではここからは日曜の食事記録です。
上のタルトは、メインではありませんが、このような感じに盛り付けての一皿となりました。



タルト・フロマージュ ポークソテーシーザーサラダ


「タルト・フロマージュ、ポークソテー・シーザーサラダ添え」


でもなんか色合いが悪いなぁ~と思ったら、赤みが足りないのでした。。。
プチトマトつけるの忘れてました・・・orz








タルト・フロマージュ ポークソテーシーザーサラダ2


でも単品単品は美味しかったので良し!








その他のメニュー。



里芋とたらのブイヤベース


「里芋とたらのブイヤベース」

(こっちに全プチトマトを放り込んでた・・・)








110227の食事風景


以上にバゲットを添えまして、昨日は見た目よりもずっとお腹一杯になる!洋風ランチとあいなりました。


卵を使ったものも多ければ芋を使ったものも多かったからですね。
沢山食べちゃったけども反省・・・














昨日のメロさん。








春きたぞ


メロさん、そう言えば春一番が吹いたそうですよ!この間!
どうりで少しづつポカポカね~♪








春きたぞ2

「ワシが吹かせた」



誰に頼んだの(;・∀・)








春きたぞ3


あと2、3ヶ月のしたらこっからまた桜が見えるね~。一年早いね。
でも今はただただそこから退いて欲しいよ。。。(洗濯が出来ません。あと勝手に電源を入れないように)


スポンサーサイト
バゲットVol.78
バゲットVol.78


よぉ~しよぉ~し、順調順調。


今回は、前回で気になっていたクープの切り口のガタつきの解消に努めてみました。
これまではどうして~もクープを何とか開かせようという思いから、二度書きならぬ、二度切り、・・・いや、三度四度切りぐらい執念深く繰り返し生地の表面を切りつけていたんですが
そうすると、クープが上手く開いたとしても、見るからに何度も傷つけました的なワッサワサーな切り口になっちゃうんですよね~。もっとシャープな感じに見せたいのに(*´д`;)
なもんですから今回はなるべくさっと一度切りでやっつけてみました。
でも中々一息で切れない箇所もあり・・・、そこだけは注意深くもう一度刃を入れましたが、ご覧のようにこれまでよりはケバケバしさはなくなっとります。
うん!これこれ♪
しかし・・・






あ~よかったぁ~、これで万事解決した!ともなかなか言えないのが悔しいところ。
いつものことですが。。。








バゲットVol.78-2


やはり、一度切りでは切り方が甘すぎ、クープが開かないまま終わる箇所もあったのでしたorz


もうかれこれ150本以上は焼いているバゲットですが、いまだに恐々にしかクープを入れなれない私です。
柔らかい生地表面とは言えど、スパンッ!と思い切りよく剃刀を動かせば引き攣りも起こらず綺麗に切れるんでしょうけども、元来が不器用な自分、なかなか思うようにはなりません。








バゲットVol.78-3


まあ結論を申しますと、まだまだその元来の不器用さをカバー出来るほどの努力が足りてないってぇことですな。


しかも今回は成形の仕方も悪かったのか、クラムも詰まった感じで、気泡もあまり多くは出来ていなかったのでした。
成形時に生地を押さえ込みすぎたのかな・・・(´ヘ`;)
無意識のうちに良からぬことをやっていることこそ、原因が掴みづらくモヤモヤなままで終わっちゃうから最も嫌なんですよねぇ~。
次回は、クープの入れ方も引き続き注意の上、成形時に余計な力が入らないようにも気をつけていこうと思います。
あとは、なかなかクラックが入ってくれないことも気になるんですが・・・
それは次回以降に考えよう。
一度に解消しようとすると結局原因を突き止められず仕舞いで終わるんだもの(´(・)`)








ガーリックトースト


んで今回のバゲットは、久しぶりに細長ガーリックトーストにして食べました。


こうするとカリカリっとした部分が多くなるので、歯ごたえがあればあるほど好ましく感じる私にとってはウマウマなのです。
たとえ気泡はあらずとも・・・








ではここからは土曜の食事記録。
昨日は得意のテケトー炒飯付きの中華でございました。



ニラ玉炒飯


「ニラ玉炒飯」


ニラと卵以外にも残り物の具材は沢山入っておりますが、あえて呼び名をつけるとしたら「ニラ玉」で。(他にザーサイ、ハム、干し海なんかが入っております)
でも味付けは豆板醤。
意外とまとまりよく、美味しくできました。








その他のメニュー。



海老とカリフラワーのざくざく唐辛子炒め


「海老とカリフラワーの唐辛子炒め」








キュウリの四川風ピクルス


「四川風キュウリのピクルス」








豚とダイコンのスープ


「豚とダイコンのスープ」








100226の食事風景


以上を並べまして昨日は、どれもこれも山盛っさんだけどピリッとした辛さでバクバクいけた・・・恐怖の中華食卓とあいなりました。


こんなにこんもりと出来た炒飯なのに、ご飯茶碗軽く一杯分しか残らなかったのが怖いところです。














昨日のメロニアさん。

オヤツタイムはいつも暴走しまくるメロさんです。








まてまて


一応、メロさんは我が家の姐さんなので、一番にオヤツをご提供しているのですがね。








まてまて2


ちょっと待ってメロさん
ニアさんは持っててあげないと小魚が食べられんのー!順番待って!!


オヤツは二種類を一つづつあげるのですが、「二番目の用意が遅い!なにちんたらしとるねん!
とメロさんは怒るのです。
そんなこと言ったって・・・じゃあニアさんに小魚の上手い食べ方を教えてあげて。。。

ポッキーよろしく、ニアが食べてる最中のものをメロが尻尾から食べてしまうことも多々あります。
ようはもっと沢山よこせ!なのでしょう。
んなこと出来るか(-ω-#)








まてまて3


そしてニアが立ち去り、オヤツの袋をしまっても、何か落ちてないか床を舐めるように探すがめつさです。


落としてない!今日はニアも私も絶対落としてない!
こんなことがあるので、毎回なるべく食べこぼさないように協力タッグで頑張るニアと私です。
(でもどうしてもニアさんは、噛んでるうちに魚の頭を弾き飛ばしてしまうこと多々です・・・)

すれ違いの猫事情
一緒に遊べ


やはり苦手です。ジィィ・・・っと見られ続けるのは








一緒に遊べ2

ジィィ・・・



そりゃあ例え時たま寄り添って寝る相手でも、喧嘩&ちょっかいも頻繁にふっかけてくる相手。
遊んで油断してたら、いつ何されるかわかんないもんね(*´д`;)








一緒に遊べ3

「今は別に見てないて」









一緒に遊べ4

「ぜんぜん。ぜんぜん見てないて」









一緒に遊べ5

「耳こっち向いてるし!ぜんっぜん見てるし!」









一緒に遊べ6


うん・・・見てますね(・ω・ )








一緒に遊べ7


もう面倒臭いから開き直るひと。








というわけで石化するひと(;´Д`)



一緒に遊べ8

「もうダメ。もうアタイ遊べない」



はぁ、この家の猫娘達の協調性のなさといったらもう・・・orz

ちなみにメロさんは、ニアが遊んでる姿を見るのも好きなんでしょうが、どちらかというと自分だって遊びたいのです。
ですがニアが無我夢中で遊んでる時のド派手なアクションが苦手なので、先に遊ばれると観察側に徹底するしかなく・・・

もうこうなるとどっちもどっちとしか言いようがありません。。。

黒猫起動
最近のはやり


ニアさぁ~ん!








最近のはやり2

「なによ」









最近のはやり3


ねぇちょっとまたアレしてよ。








最近のはやり4


今の流行のアレしてよ( ´Д`)σ)Д`)ツンツン








最近のはやり5

みょ~~~ん

「いけ!ヤマト!!」









最近のはやり6

「はあもうこれ疲れるんだから。あんまやらせんのやめてよ」

ガリガリガリガリガリガリ



「今の流行」=「ニアさんの流行」でございます。
この頃キャットタワーの穴から体を出してみょ~ん!と伸びてることが多いのです。
うちのカメラで撮れてるっつうことは、上に登る瞬間ではなくって、しっかりこの格好で一度止まってるってことです。
はて、ニアさんは何が面白くてやっているのかな。
人間は楽しく見させてもらってますけどね。
長いなぁ~、胴( ´-`)
軽く凹んでるウエスト(?)部分に赤いベルトを巻きたくなります。

猫アンテナ良好
こそこそ


今日もメロさん、耳だけで存在主張してました。

それは・・・今日もどうしても耳だけ毛布の中に入りきらなかったのか?
それとも念のためのパラボラアンテナなのか?
どっちだろう(´(・)`)








こそこそ2

コソ・・・

「どっちもやで」









こそこそ3

パフッ



なるほど( ´-`)








ならばと、ニアさんと遊んでみました。
暇を持て余しているなら来るだろうし、本気で眠たかったらガン無視を決め込むメロさんのことです。

さあ、どっちでしょ。



こそこそ4


持て余していた模様・・・(*´д`;)








こそこそ5

「怖い・・・知らないフリしとこ」









こそこそ6

「いやぁでも気になるっ!」



いいからいいから
メロさん早くこっちおいで。
ニアさんが本気で怖がって逃げちゃうとイカン。

ニアさんはしばしば、メロに遠くから見つめられ続けているのが分かると石化し、そして一気にダダーッと逃げます。
遊びに無我夢中になってると平気なんですけどね。
基本、メロの遠くからのジィィっとした視線は苦手なんだそうです。
いったいいつからのトラウマだい・・・orz

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。