ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
猫、風呂掃除中
先週、ニアさんが(;´Д`)ナニシテンノ?と飽きれながら見ていた風呂場の中のメロ。
それとほぼ同じ状況が先日撮れましたのでここに公開いたします。

これが!↓
近頃我が家の風呂場に騒がしく現れる、妖怪「風呂場洗い」でございます。。。






ないしょ~


既にあられもない格好・・・


この時、人間は隙間からコソッと眺めておりますので、人に見せつけようとやっているわけではないのです。
あくまでも自己満足、自己満喫中。








ないしょ~2


あぁ・・・この躍動感がどうしても静止画だと伝わらない(´A`)
非常に残念です。
いつか動画に収めなければ。。。








ないしょ~3


別にマタタビはやってません。








ないしょ~4


あっ・・・気付かれた。








ないしょ~5


でも全くおかまいなしだもの








ないしょ~6


よかったね~(*´д`;)
固くて冷たくて気持ちいいのかな?
でもそこメロの苦手な水で多少濡れてるのよ~
あとから文句言ってもダメからね~








ないしょ~7


そして最後は「いい湯だな♪っは~ビバビバ」のフリだけ楽しんで、メロ的には完了なんだそうです。。。この行事。








ないしょ~8


ね~ニアさん、どう思う?
アレどう思う??








ないしょ~9

「え~~アタイもうアレ飽きた・・・」




最初のうちは毎回食い入るようにメロ姐のアノ様子を見ていたニアさんも、
こう毎日毎晩となってはさすがに飽きるようです。
この頃は遠くで音だけ聞いてます。
(下手に近寄ると興奮した勢いでとばっちりを食うということを実体験済みでもあるので)

スポンサーサイト
フレジエ・ピスターシュ
フレジエ・ピスターシュ


毎年恒例、4月生まれの友人へ。


今年は一年も前からリクエストを受けていた、「フレジエ・ピスターシュ」をお贈り。
以前にも彼女には一人分にカットしたプティガトーサイズのフレジエを持って行ったことがあるのですが、その際、そのちょっと乙女チックな外見に惹かれたそうで、「来年の誕生日は絶対これで!」と強く強く言われていたのです。

でも、アントルメサイズのフレジエってトップのデコレーションが難しい~~

本当はせっかくの誕生日ケーキなのだから、上面にも苺やラズベリーなんかを乗せて豪華に華やかな感じに!と仕上げたかったのですが、あまりにもやり過ぎると逆に野暮ったくもなりそうだったので、悩んで悩んでこんな感じになりました。








フレジエ・ピスターシュ2


でもアラザンもまた余計だっただろうか。。。(´-ω-`)
贈ってからもなお悩んでいたりします。もう遅いっての・・・


まあ実は、何を思ったかトップに飾る予定だった数個の苺を自分が全部間違って食べてしまったから泣く泣くこんな感じになったという理由もあるからなんですが(笑)

友人には絶対これは内緒にせんとっ

いやぁ~あまりにも久しぶりの苺が美味しくて、切れ端食べてるうちに余ってる苺もぜ~んぶ食べちゃったんですよね
不覚・・・








フレジエ・ピスターシュ3


だからこんなシンプルに(地味に)なったのは大半が自分が食べたせいであり、、、
ごめんよごめんよ
来年はその分苺増加するから許してね(-∧-;)
(でも幸い今はこれでも十分気に入ってくれているようです)














先日のニアさん。

苺を箱買いしたので、その箱をニアさんにご提供。
「苺の箱に黒猫」
なんとな~く可愛らしく撮れそうだったので、狙ってお渡ししてみたのです。








いちごちゃん


ニアさんどうコレ?
これなら浅いから、ニアさんでも余裕で上から入れるはずよ?(*´∀`)








いちごちゃん2

「う・ん~~・・・・・・・・美味しそう」



美味しそう???








いちごちゃん3

カス・・・カス・・・カス・・・

「この箱の歯触りチョーうめーーー!」




そうそうニアさんは、
自分の歯が厚めの「なにか」に突き抜ける瞬間が一番の大好物なのでした。。。orz
(あと厚めのビニールとか包装紙なんかも大好きなのですよ・・・)

カンパーニュ・オリーブ
カンパーニュ・オリーブ


反省・・・オリーブの入れすぎはイケナイorz


カンパーニュにオリーブをた~んまり入れ込んだら、それはそれは美味しいパンが焼きあがるんじゃないか?
な~んて安易にやってみたら、ちょいと塩辛くなってしまった「カンパーニュ・オリーブ」であります。
そうね・・・塩分のことも考えなきゃいけなかったのよね
でもビールのつまみとしてはいけなくはないので、チョコチョコと小さくカットして食べ進めております。

なんだかこの頃失敗が多い。。。
チャレンジ精神が旺盛すぎるのかもしれません( ;´Д`)








カンパーニュ・オリーブ2


外見は結構格好良く焼けたと思うんですけどね~。
でもパンは中身が伴わないとね~(TДT)


クープの開き具合も大き過ぎず小さ過ぎずでベストだと思うのです(たぶん・・・)
それと今回は発酵カゴに布を敷いて最終ホイロを行ったので、カンパーニュの定番となっていた籠目の跡が表面につかず、新鮮な感じに。
んなものだから余計に残念に感じること甚だしいのです!
くやしーーー!!!

・・・次回作る時はかる~く塩抜きしたオリーブを使うことにします








カンパーニュ・オリーブ3


ちなみに断面はこんな感じでした。


オリーブから水分?油分?が出たせいかクラムは驚くほどしっとり。
おかげで気泡も出やすかったみたいです。
これで塩分加減が適正だったら抜群に美味しいパンが食べられていたはずです!!
リベンジあるのみじゃー!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン








ではここからは昨日、日曜日の食事記録となります。
昨日はひさ~しぶりにオムライスを作りました。



オムライス


「オムライス」


いつもは避けて通る卵でしっかり包んだオムライス。
これまでは上手くいかないことが多かったので途中ですぐに方向転換して、半熟オムレツをケチャップライスの上に乗せて割って広げるタイプのものに逃げ込んでいたんですが、、、今回は最後まで頑張ってみました。
そこそこ?
でも実はやっぱりちゃーんと包まり切らず、お皿の力を借りてどうにかこうにか仕上げてるだけだったり。。。
敗因の原因はよく分かっているんですけどね。(ご飯の入れすぎ)
な~かなか解消に至らないのはなぜなのか・・・
食い意地の張りすぎ?( ´ロ`)








その他のメニュー。



芽キャベツとルッコラのサラダ


「芽キャベツとルッコラのサラダ」








キャベツとレンズ豆のスープ


「キャベツとレンズ豆のスープ」








110424の食事風景


以上を並べまして昨日は、「あぁ・・・この角度から見ちゃうと卵の汚さが目立つ・・・」でも妙に旨かった洋風食卓とあいなりました。


卵に焦げ目が付かなかったところだけは合格だったと思います。。。














昨日のメロニアさん。

メロさんは狭いところ、薄暗い空間の他に、狭まったところを通り抜けるという行為も大好きなのです。








こんにちは


ニアさんを撮影中。
相方さんを襲った衝撃。






こんにちは2

「こんちわ!」









こんにちは3

「ちょうどいいところに隙間がありましてん」




きっと他意はありません。
メロさんは狭いところを通り抜けることだけが!好きなだけです。。。
(あとは私が廊下で体育座りをする時の膝下に空いた三角形の空間も大好きです)

お猫様、参る
箱好き隊


お揃いのダンボールに乗るメロニアさん。


どちらも猫砂『ひのきDEサンド』のダンボールであります。
ニアさんが乗っている方はまだ未開封のもの。
メロさんの方は空箱。








箱好き隊2


なんでこんなに好きなんでしょうかねぇ~ダンボール。


あるととりあえず乗る・・・

その気持ちは小さい子がよく歩道の一部高くなっているところにあえて乗りに行く・・・そんな気持ちに似ているような気がしますがどうなんでしょう。
しかしアレもなんなんでしょうね?
好奇心の表れか?
それとも退屈しのぎなんだろうか?
とりあえず見つけたら乗りたい衝動に駆られてたしなぁ~。
ん~・・・分からない分からない(´-ω-`)








箱好き隊3

「一人だけ高いところにいたら気持ちいいじゃん!」



ん~まあ、そういうのもあるんだろうけどね~。、
あとは視線の位置が変わるから視野が広がって、いつもは見渡せない遠くの眺めとか見れたりするからなのかな~。
でも君たちが1mmにも満たない紙の上にも乗りたがる気持ちはこの理屈じゃあきっと足りないね。。。








箱好き隊4


そもそもこれらを一緒くたにしてはいけないのか~。
ダンボールの上からなら分かるけど、眺めるにしろ、下を眺めるにしろ、紙の上からじゃな~んも変わらんしね~。








ちなみに話は若干変わりますが、



箱好き隊5


ニアさんは、メロさんみたいに上向きに開いているダンボールにはけっして飛び込まないのですが、、、








箱好き隊6

ガスッ



口が横向きになっているダンボールは進んで入ろうとなさいます。








箱好き隊7

にょき!



でも中が狭そうだったり、中の様子が窺い知れないような場所は敬遠。
もの凄く警戒心が強いんですよね~。
なにかトラウマになるようなこと小さい頃にあったっけ?








ちなみにメロさんは、



箱好き隊8


口が開いていれば、それがどの方向にあったって何処でも入ります。
・・・口が開いていなくても、自分でこじ開けたりすることも(*´д`;)
これが困るんですよね~。製菓材料が入ったダンボールもこじ開けては私よりも先に中身と取り出したりするので
メロさんにいたってはもう少し、警戒心を強めて好奇心を弱めて欲しいところです。。。

濃抹茶ロール ガナッシュロール
濃抹茶ロール ガナッシュロール


これも西の方角へ飛ばした恵方巻き・・・ならぬ、押し付け巻きでした。


押し付けたにもかかわらず、巻きがイマイチ!とか、「あちゃー」と思う部分はちょこちょこあったんですけども、引き受けてくださったむにすさんには感謝!(勝手に送りつけてしまったんだけども・・・)
着いた翌日には解凍して食べてくださったそうで、ご多忙中なのにもかかわらず感想まで頂いちゃいました。可愛らしい二人のご子息も!
ありがとね~~(TДT)








濃抹茶ロール ガナッシュロール2


ちなみに我が家でも残りを楽しみましたが、


「男の子がいるお宅にはチョコ物はかかせない!」と、初めての配合で作ったガナッシュロールの方が生地にしっとり感が適度にあり、美味しかったような気がします。
濃抹茶ロールはこの時と同じ配合。
もうちょい研究を重ねて、是非とも濃抹茶ロールも、口の中に吸い付くようなしっとり感を出したいところです。
その時はまた!お願いむにすさん!!








ではここからは先週土曜日の買い物記録になります。
前回にも書きましたが、節電中の間はこれまでよりも若干自分でパンやお菓子を作るの抑え、味覚の修行に励むつもりなのです。



パティスリー・リュードパッシー オペラピスターシュ


パティスリー・リュードパッシー「オペラピスターシュ」


ピスタチオのオペラ。
ピスタチオのビスキュイ、ガナッシュ、バタークリーム。


上の緑色のピストレのもけもけ具合に最も心惹かれたんですけども、味もサイコーに美味しかったです。
ピスタチオの濃厚さはあるんだけども、くどくな~い。
各パーツの歯ごたえもそれぞれ違うので面白く、食べ進めるのがもったいなかったぐらいです。








レジオン ノアイエ


レジオン「ノアイエ」

くるみのタルト、胡桃のヌガー、くるみのムース。


どこを食べても胡桃!で、土台からヌガーにかけてはザックザク、ムースもとても滑らかなのに胡桃の風味がしっかり活きていてナッツ好きにはたまらない美味しさでした。
が、グラサージュが厚すぎたのが個人的に気になるところでした。
食べてる最中にそこだけペロンと剥がれてくる悲しさよ。。。
もうちょっと一体感が欲しかったです。








ル・ジャルダンブルー ティラミス


ル・ジャルダンブルー「ティラミス」

カカオのビスキュイ、コーヒーシロップ、マスカルポーネクリーム。


このポットが欲しくて購入を決めましたが、中身を食べてポットは霞みました。
うま~~~い!!
そういえばティラミスなんて、コンビニで買ったものぐらいしかまともに食べたことがなかったのでした。(あと思い出す限りではディズニーシーで)
ティラミスも名のあるパティシエさんが作るとゴージャスなデザートに変わるのですね~。
感激いたしました。


以上が新宿高島屋の「パティシェリア」で購入してきたケーキになります。








続いてパン!
こちらは三越のジョアンと高島屋のフォションで購入してきたものになります。



パン ド ミ フユーテ&チョコブレッド


左:フォション「パン ド ミ フユーテ」

パンドミ生地とクロワッサン生地を交互に重ねたオリジナルパン。


右:ジョアン「チョコブレッド」

シート状のチョコレートを重ねて折り込んだ食パン。


まずジョアンのチョコブレッドを一度食べてみたいなぁ~と思っていたので買い、続いてたまたま寄ったフォションでこのパンの層にびっくらこいて思わず一本を衝動買い。
結果今、冷凍庫パンパンです。。。
でもパン・ド・ミ・フユーテ、買って良かった~!
美味しいです!!
軽くトーストすると耳の部分がバリッ!バターの香りがブワァァァ~~!
何もつけずとも激ウマでした。
これは真似してみたいけど~・・・難しそうだな。。。
私が作ると得体の知れない、何かヤバイ生き物が生まれそうで怖いですがそのうちやってみたいところです。
ちなみにジョアンのチョコブレッドは、これこそ折り込み方とチョコレートシートの参考にと買ったものではあったんですが、ちょっと期待を大きくし過ぎていたようです。








パン ド ミ フユーテ&チョコブレッド2


そんなにチョコレート!って味はしないのね。。。








コーンパン&ニ・ダベイユ・ショコラ


手前:ジョアン「コーンパン」

生地にたっぷりのスイートコーン。


奥:フォション「ニ・ダベイユ・ショコラ」

チョコを練りこんだパンに胡桃とカラメル。








ニ・ダベイユ・ショコラ


こちらのフォションのパンも、見た目から私のツボを突きまくってくれたものでした。
そして味も素敵!!
カラメル・胡桃た~っぷりでザックザク!しているにもかかわらず、チョコレートの味もちゃんとして濃厚!
パン生地はし~っとりしているので、上部のカラメルとの対比が面白いのです。
これもいつか真似したい・・・
でもまずはこれの土台になっているんであろう「パン・ルレ・オ・ショコラ」を食べてみないことには!
次回はそれ狙いで、またフォションに出掛けてみたいと思います♪








本日のニアさん。

さてニアさんのいる場所はどこでしょ~








覗き見

こそこそ









覗き見2


実はここはお風呂場の前なのです。
そして実はこのお風呂場の中にメロさんが・・・








覗き見3

「へん!メロ姐へん!!たいへん!!」



ちょっと風呂場の床が濡れていたのでお見せできないのですが、、、
この時のメロさんは、体が濡れるにもかかわらず!その床でのた打ち回っていたのでした。
もの凄くあられもない格好で。

なにしてんのさ・・・(*´д`;)

この頃よく風呂場でガンガン遊んではしゃいで「いい湯だなーー!!」とメロさんは雄たけび上げてます。

だからなにしてんのさ・・・orz

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。