ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フランボワーズ・ペパンのコンフィチュール
フランボワーズのコンフィチュール


余りものの冷凍フランボワーズで~。


フランボワーズのジャムを作りました。
種が入ると「ペパン」と付くのだそう。
久方ぶりにでっかい銅鍋を引っ張り出して、長~い木ベラで果物を煮込む作業は楽しかったなぁ~♪
頭の中はナウシカに出てくる「子供たちよ、わしのめしいた目の代わりによぉ~く見ておくれ」という大婆様の気分。
鍋の中は得体の知れない不気味な色の液体をイメージ。
でも漂ってくる匂いはどうしようもないほど甘酸っぱいベリーの香りなんですけどもね(*´д`;)
お恥ずかしながらこの歳になってもゴッコ遊びは楽しいです。。。
そのために銅鍋と長さ4、50cmはある木ベラ揃えたしなぁ~。(おバカだなぁ~)








フランボワーズのコンフィチュール2


ただ銅鍋のおかげで毎回ジャムの仕上がりだけは調子良いんですよ。
銅だと果物を煮詰めていっても色が濁らないのです。今回も綺麗な鮮紅色になった!
でもある程度、多めの果物で仕込まないと、あっという間に水分が蒸発してしまうのが難点です。
もっと頻繁にジャム仕事したいんですけども、そんなことしてたらあっという間に家中ジャム瓶だらけでしょうね。
今でも20瓶以上の在庫抱えてるしなぁ(´Д`;)








フランボワーズのコンフィチュール3


なもんで今回はこの3瓶分だけ~。


そして今年の夏はコレを使ってのお菓子を色々と作っていこうと思ってます。








清見オレンジペースト


あと、ついでなのでこちらも。


随分前に作ったものですが、こちらは清見オレンジピールで作ったペーストです。ジャムにはあらず。
このままでは食べにくいものなんですが、焼き菓子等に使うつもりで作ったものになります。
パティシエの方が書いたレシピ本には、結構頻繁に加える材料として「オレンジペースト」なるものが出てくるんですけども。
これがあんまり一般には売られていないようで。しょうがないから自分で作りました。
そんで作った後にイルプルーでは売られていたという・・・(´-`)セツナシ
でもオレンジを使うたびに出る皮を捨てるのももったいない気がするし。きっとこれからも自家製でいきそうです。
安上がりでもあるもんなぁ~。







ではここからは土曜日の買い物記録なのです。
ちょいと表参道と伊勢丹に行く用事があったので、また勉強のため(!)漁ってまいりました。
パン・ケーキ・和菓子と結構な枚数があるので以下に追記しております。
お手数ですがご興味のある方は<続き>からお進みくださいますと幸いです。
では、

渋谷区神宮前、「パンとエスプレッソと」で購入したパンたち。



カリル


「カリル」


ひき肉とひよこ豆のカレーパン。








カカオテ


「カカオテ」


自家製ココアクリーム入り。







エラーブル


「エラーブル」


自家製メイプルシュガークリーム入り。








プロヴァンス


「プロヴァンス」


バジル・ローズマリー・セージのハーブを練り込んだパン。








ケソ


「ケソ」


グラナパダーノ、ゴルゴンゾーラ、クリームチーズ、三種のちーずを配合したパン。



こちらのパンは全体的に小さめなものが多かったです。(そのわりに値段はしっかり・・・orz)
でも味はハッキリしていて、食感は柔らかく軽く美味しい!
ただし個人的に歯応えがあるものの方が好きなので、この生地ばかりが続くと物足りなさも。
すぐに口からなくなってしまうんですもの。。。
ハード系も買ってくればよかったぁ~~。
次回はイートインスペースのカウンター席から釜出しの様子が見られるそうなので、そこでもうちょっと歯応えのあるものをオーダーしたいと思います。








新宿伊勢丹で催事出店していた「シニフィアン・シニフィエ」のパンたち。



シニフィアン・シニフィエ


奥、催事限定「森の酵母バゲット」

手前、「ドイチェ・ヴァイスハイト」








ドイチェ・ヴァイスハイト


「ドイチェ・ヴァイスハイト」


北海道産のライ麦、フランス産オーガニック小麦、レストブロート(パン粉)、オーツ麦入りドイツパン。
ライ麦50%配合。








森の酵母バゲット


「森の酵母バゲット」


世界遺産「白神山地」由来の酵母を使用したバゲット。



こちらのお店には5月の連休時に行く予定でしたが、都合で行けなくなったところだったので出店していてビックリ!嬉しかったです。
そして噂のバゲット!今回は限定のもののみの販売でしたが。恐ろしく口当たりが軽い!旨い!
スナック菓子かよ!!って、それはそれは突っ込みたくなるほどの軽さでした。パンの「ひき」がまるでないのです。こんなの食べたことない!と思えるサクサクさ。気泡も多いから尚更。
個人的には今まで食べた中では一番好きかも。でももしかしたら物足りないなと思える人もいるかもしれません。とにかく軽いので。
方や、「ドイチェ・ヴァイスハイト」の方はどっしり、しっとり。
でもこちらも旨味がギュウギュウで美味しいのでした。
恐るべし、シニフィアン・シニフィエ。
これはそのうち絶対お店に伺わねば・・・。








新宿伊勢丹、アンリ・ルルーのガトーたち。


オモニエール ショコラアメール


確か「オモニエール ショコラアメール」って名前だったような(?)


ショコラ味のクレープ生地にショコラのクリーム、ガナッシュ入り。








ライチ?花山椒?


「(名称失念)」


ライチ・パッションフルーツ・キャラメル・花山椒を使っていたような(?)



キャラメルで有名なところなのにキャラメル食べる前にケーキ食べちゃいました。
オモニエールが凄く美味しかったです。チョコレートが濃厚で。
ただし花山椒が入ってるケーキ・・・花山椒がどこにあるか見た目も味もわからず(´・ω・`)
ライチだけはなんとなくわかりました。
美味しかったんですけども~。目的が見えず、私にとってはよく分からない味でした。残念・・・。
次回は私もオモニエールの「ディアブル・ローズ」を選びたい。
今回オモニエールを選んだのは相方さんなのです。
しかし相方さんとケーキを買いにいくと、チョコレートが好きなのは分かっていましたが、本気でチョコモノしか選ばないのが笑えます。
ブレない人だわぁ~。








最後、これまた伊勢丹内の「鈴懸」


鈴懸 白玉ぜんざい


「白玉ぜんざい」



ちょいと和菓子スペースを覗きに行っただけなのに、抗えない涼しげな甘味オーラに負けました。。。
納得安心の美味しさでした(笑)














本日のニアさん。








おニューベッド


和室の冬物マットが終わった後のお楽しみ。


仕舞いこむ前に一旦ココに置いたら乗られてしまいましたorz
あぁまた・・・








おニューベッド2


またこれで完全に仕舞い込める日がいつか分からなくなってしまった
この気持ち良さそうな様子を見てるとダメ・・・まんまとニアの罠にヽ(´Д`;)ノ

Comment
≪この記事へのコメント≫
これ、あれですか?
ビンはそれ用に買わはるんですか?
かわいいビン~★
私だったら「ごはんですよ」とかのビンを利用して海苔くさくしてまいそう…。
2010/06/14(月) 12:50:08 | URL | むにす #-[ 編集]
>むにすさん
私も、「ごはんですよ」瓶には勇気がなくて手が出ないんですけど蜂蜜が入ってた瓶とかを活用したりします。(うぅ…ネタ的にはまったく面白みないですね・涙)
人様へとなる時には一応まとめ買いした瓶にしてます。
一気に10瓶だか20瓶だか買うと単価100円以下だったはず・・・
ちなみにこれはまとめ買い瓶のほうです!
2010/06/14(月) 16:44:24 | URL | mnfosterer #XzNY5sGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。