ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
リンツァートルテ シュバイツァーヌスクーヘン
リンツァートルテ


焼き菓子、二種生産。

「リンツァートルテ」








リンツァートルテ2











シュバイツァーヌスクーヘン


「シュバイツァーヌスクーヘン」








シュバイツァーヌスクーヘン2



週末にお菓子を作る時、実は毎回テーマを決めて作ってたりします。
んで先週はドイツの焼き菓子を二種。
と思ったら、「リンツァートルテ」の発祥はオーストリア北部のリンツ地方だそうで
「シュバイツァーヌスクーヘン」の方はかろうじてドイツ菓子らしいのですが、訳すと「スイス風ナッツのケーキ」なんだそうであります。あれ?(*´д`;)

でもようやっと焼き菓子が似合う季節になってきたようでなにより。
まあこれを作った時はまだ暑い日だったんですが、今は温かい紅茶と合わせてもちょうどいいぐらいで、美味しく味わえております。
暑い夏の方が私は大好きなんだけども!!こと菓子作りやパン作りの点から見れば、今の季節ぐらいが一番作りやすい季節だし、味わいやすい季節でもあるんですよね~。








焼き菓子プレート


ちなみに、この二層になっている「シュバイツァーヌスクーヘン」
外側は卵白を泡立てて粉類を入れるダコワーズのような生地になっていて、対して内側はバターに全卵、粉類を入れて練り混ぜる、ごくごくしっとりとした生地なんです。
このね~、外っ側の生地が暑い気温の中で作るには大変でして(´Д`;)
泡立てて粉を入れて生地を仕上げるまではいいんですが、クグロフ型に丁寧に塗っていく段階でダレが。。。
んなわけで少し内側のバター生地が外にはみ出たりしているんですよ。(本当ははみ出ちゃいけないっぽい・・・)
やっぱり繊細な菓子に暑さは大敵だった・・・の分かりやすい一例ですorz
今度は寒い季節に!!ちょいと味を変えてアレンジなんかしたりしてリベンジしちゃるぞー!!














本日のメロさん。

上のお菓子の「はみ出る」流れで・・・








はみ猫


このところ「はみ出る」のがお好きなメロさんをご紹介。








はみ猫2


ココの段差が、首にイイらしいんです。。。








はみ猫3


『ねこのきもち』に付録としてついてきた「猫用あごのせ枕」は使わないくせに~。
メロさんは硬い枕のがいいのか?








はみ猫4


時々この状態で人間の食事時間を観察されるのがちょっとだけイヤ。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。