ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ノルマンディー
ノルマンディー


マカロンに林檎詰めました。


初のプチガトー・マカロンに挑戦。
用意するパーツはそれほどないのに、意外と難しかったのは6cmのマカロン・・・。
コンパスで6cmの円を描き、それを下敷きにして絞ったんですけどねぇ。なぜか焼き上がりを見たら、サイズの微妙に違うものがポコポコとしかも隣のマカロンとくっついているものまである始末。。。
いつもの3cmサイズだとそうはならないんですけどね。
どうやら大きめサイズに生地を絞ると、生地の重さでどんどん横に広がってしまうらしいのです( θ_Jθ)
それでも一度焼き直しをしたらどうにかなったんですが・・・これはどこかに書き留めて覚えておかないとっまた失敗しそう。。。








ノルマンディー2


ちなみに、表面に見えるのは林檎のソテーばかりですが、中にはキャラメル味のクリームも入っております。
レシピは中目黒にあるカカオエット・パリのレシピ本から。
実はコレ、最初は見た目に惹かれただけで、味はそれほど期待せず作ったのですが・・・とんでもない!!
これまで作ったものの中では一番に美味しいマカロンでございました。
形状的に食べづらさはあるんですけども~、とにかく林檎の軽い酸味と芳ばしく甘いマカロンがベストマッチ!!
食感も、ソテーしてある林檎ではあるけれども、芯に残るシャキシャキ感がネッチリしたマカロンに妙に合うのでした。
それでいてキャラメル・クリームの存在も掻き消されることなく、林檎とマカロンを繋ぎ合わせる役目を果たしていて上手いこと活躍してるんですよね~。凄い!!
これは是非とも他にも載ってるマカロン・プチガトーも試さねば(`・ω・´)
きっときっと美味しいに違いないのです。

やっぱり・・・甘い甘い中にフルーツの酸味っちゅうのが自分、ツボなんだろうな。








ではここからは土曜日の食事記録。
昨日は、おそらく小学校以来食べていない、ハヤシライスを作ってみたり。



ハヤシライス


「ハヤシライス」


小学生当時、給食ででるハヤシライスは嫌で嫌でしょうがなかった自分です。
それは何故なら、ルーの中に異常とも思えるほどにグリーンピースが大量に入っていたからでございます。
グリーンピースさえなければっ!!
当時何度となく思ったことでした。。。(グリーンピースを掻き分けて食べるルーは美味しいと思ってました)
それを三十ウン歳になった今実現!!!
掻き分けることなく、すくったまま口に入れて味わえる幸福(*´д`*)
ばかみたいですが、それはそれは感慨一塩でありました。
具は牛肉と玉葱とマッシュルームだっけ~~♪
絶対こっちのが間違いなく美味しいと思うのです!!(グリーンピース嫌い的に)








その他のメニュー。



カリフラワーのマリネード


「カリフラワーのマリネード」








キャベツとベーコンのスープ


「キャベツとベーコンのスープ」








101120の食事風景


以上を並べまして昨日は、夢が叶った料理だから大盛り!な洋食卓とあいなりました。


でも最近までハヤシライスの件なんてサパーリ忘れてたんですけどね。
そういえばハヤシライスというものを外食で見かけたことがないのですが、どこかの洋食屋さんにならメニューに載ってたりするんでしょうか。
こうなったら本格の味も知りたいんだけどもなぁ~。
でもやっぱりグリーンピース大量なのかしら。。。それはだけはイヤ orz














本日のニアさん。








ぐ~るぐる

グ~ルグ~ル・・・グ~ルグ~ル・・・



ニアさんがコタツよりも好きなところは相方さんの膝の上。
喉が鳴ってしゃあないそうであります。
甘えたい時に相方さんが不在の時は、稀に、心底しょうがなさげに私の膝の上にも来たりはするんですが。
「なんかヘン・・・なんかヘン・・・」という顔で、何度かは座るものの、結局は「やっぱ違う!」と言う顔で短時間で去っていきます。

なんだよも~~
たまにはこっちにも来いってんだ!!
絶対こっちのが弾力はあるんだからな(´;ω;`)

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。