ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
バゲットVol.71
バゲットVol.71


ぬおっ!今回はなかなか理想に近い出来!!








バゲットVol.71-2


一本目に焼いた右はまだちょいと微妙ですが、二本目の左!
これはなかなか素敵な焼き上がりなのでは!?なんて~~(n‘∀‘)η
ちゃんと一本芯が通っているような出来に久方ぶりに小躍りしております。やたーー!

前回と変えた点は、クープを入れる際に生地表面に打つ粉の量、オーブン庫内での蒸らしの長さ。
生地表面の粉は、クープが入れやすいように軽く表面を乾燥させるために打つのですが、今回はその量を気持ち多くし、これまでよりももっとスパッと、剃刀での引き攣りが起きないようにしてみたのです。
本当は焼き上がり後にも粉が残ってしまうのが嫌で、避けてきた事ではあるんですけども、やはりこの方がクープは上手く入りますね。焼き上がり後の立ち上がったクープを見ても、ギザギザしている部分は少なく綺麗だし。
目指すところはパン屋さんのような表面艶っ艶のテカッ!としたバゲットなのではありますが、腕がついてこない以上、当分はこれでいくしかないのかもしれません(´-ω-`)
それとオーブン庫内での蒸らしの点は、表面よりもクラムに大きな影響が出来ました。








バゲットVol.71-3


このような感じに。


これまでより気泡は大きく、数も増えたのです。
ってことは、これまでは生地が力を出し切る前に焼き付けてしまっていたということなんでしょうかねぇ。たまたまか?
トータルでの発酵が上手くいっていたということもあるんでしょうけど・・・。
来週にでも再度試して焼いてみようと思います(`・ω・´)b
せっかく得た良い傾向、とにかく逃さないようにしなくては!








ボストック風


ちなみに今回のバゲットはせっかくながら・・・ボストック風になりました(*´д`;)
よく焼けたんだからそのまま食べろって感じですが、冷凍庫の中のバゲット在庫もあるもんで








ボストック風2


断面にオレンジシロップを打って、マーマレードを塗り、クレーム・フランジパンを絞って、ヘーゼルナッツを散らし、粉糖を振って軽く焼成。
ここまでやったらバゲットだって喜ぶに違いねぇ・・・ってくらい手間はかかりましたが、何個でもパクつけそうなぐらい美味しく仕上がり、あっというまに嵩も減りつつあるので狙い通りにはなりました。
またやろ~~~♪








ではここからは日曜日の買い物記録であります。
ピエール・エルメの前を通ったら、どうしても買わずにはおれなかったのです。。。



ヴィオレット レグリース&ローズ


手前から、
「ヴィオレット レグリース」
「ローズ」


ヴィオレット レグリースはニューフレーバー?
甘草とスミレなんだそうですが・・・どうなんでしょう。
見た目に惹かれて買っちゃったんですけど、実は苦手なフローラル系
今はまだ見た目を楽しむだけに留めております。ドキドキだーー。








アズュール


「アズュール」


ビスキュイショコラ、柚子のクリーム、フルールドセル入りショコラ片入りムースショコラ、フルールドセル入りサブレショコラ、プラックショコラ

だそうです。
チョコレートはビターで、全体的に重めな感じの作りではありましたが、柚子の甘酸っぱさが利いてて美味しかったです。
しかしこの見た目、どこが正面なのかがわからなかった。。。








サラ


「サラ」


マロン入りビスキュイ、パッションフルーツのジュレ、抹茶クリーム、マロンクリーム、パッションフルーツのナパージュ

だそうです。
ナパージュはパッションフルーツと言いますが、どう食べてもホワイトチョコレートに色素を入れただけのような気がしてなりませんが・・・。
マロン入りビスキュイと言いますが、どう食べてもマカダミアかヘーゼルナッツが入ってるとしか思えませんが・・・。
それでも美味しかったです。
エルメは柑橘系の使い方が上手いんだろうなぁ~。
これも見た目に反して重めのケーキではありましたが、最後まで美味しく食べきることが出来ました。
また行こ~~~♪














本日のニアさん。








楽なの


相方さんがね、パソコソの蓋が開けられないーーーーッ!!て言ってるよ?ニアさん。








楽なの2

「アゴおもいの。アタイ今、チョーーーアゴ重いの」



そうか、そうか(´-`)
じゃあ頑張れ、相方さん。

Comment
≪この記事へのコメント≫
ニアさん、相方さんが大好きなんですね~!
うちのとーちゃんが聞いたら羨ましがるぞ!

ピエール・エルメという人は絶対音感ならぬ
絶対味覚(?)の持ち主だそうですね。
私が今通ってる教室の師匠はアラン・デュカスに師事した方ですが
エルメはコースの途中で口に合わないものが出たら
その時点で帰っちゃうそうです。
気合入れて作ったデザート、食べてもらえなかったと言ってました。
すごいっすね~、プロを越えてますな。 ^^;
2010/11/23(火) 10:54:12 | URL | びび #-[ 編集]
>びびさん
絶対味覚・・・なにかの雑誌でも言ってるのを見たような気が。
一見聞くと胡散臭そうですけども(笑)
食を仕事にしてるなら多少なりとも人より敏感にはなりそうですよね。
でも絶対味覚!と言えるほどとなると、逆に味わう時に邪魔になったりはしないのでしょうかね?
コースの途中で帰るっちゅうのは。。。
あ~も~フランス人っぽい(笑)
エルメ氏、あのフランス人特有の神経質な頑固さを持つ御仁だったか。
でもどのケーキを食べても「エルメっぽい」あの味からも、なんとなくわかるような気がします(*´д`;)
2010/11/23(火) 23:41:32 | URL | mnfosterer #XzNY5sGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。