ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ツォップフ
ツォップフ


編みパン焼きました。


「ツォップフ」はドイツ語で女性の編んだ髪を指すそうですが、製パンの世界では『編みパン』という意味になるんだそう。
んで今回はその編みパンを、基本の三つ編みでやってみました。
四つ編み、五つ編みは手数がえらいことになりそうだったので今回は無視して(笑)








ツォップフ2


横に向けると、かろうじて編んでいることがお分かりいただけるかと思います。








ツォップフ3


そうです・・・ワタクシ、「この成形可愛い~、面白そ~♪」と思ってこのパンをわざわざ選んだくせして、上にトッピングを乗せ過ぎてしまいました(;´д`)ゞ
網目を見せたくて作ったはずのパンだったのに。。。
アーモンドと、この固まった砂糖が大好きだからといったって~・・・これじゃあもうトッピングを乗せるために編んだようなもん








ツォップフ4


それでもどう転んでも味は間違いなく美味しくはありました。
実は編み方も、基本中の基本を選んだくせして間違えてはいましたが

ん~、これじゃあ見本写真のような両端がすぼまった三つ編みにはなかなかできないぞ・・・(´-ω-`)

な~んて成形時に悪戦苦闘もしていたんですがね、どうやら本当は、棒状に成形した3本の生地を、まず真ん中で交差させて端へと編んで行くらしく。(勿論もう片方も)
それを私はまず端を根元にして編んじゃったんですよね~。
どうりで毎回片側が太くなるわけだ(*´д`;)
でもまあそれでも味が変わるわけではないし、見た目の問題だけなんですけど。

悔しい・・・。

なもんで、これもまたリベンジするつもりです。
その時は必ず!三つ編みは真ん中からトッピングをそんなに乗せるんじゃないっ!ごくごく真ん中だけだっつ~のっ!ヽ(`Д´)ノと自分を叱りつけながら作ろうと思います。
うん、絶対どれか一本はどう踏ん張っても沢山乗せてしまうと思うんだ。。。








ではここからは土曜日の食事記録です。
昨日は和風でも肉物がメインでございました。



塩角煮


「塩角煮」


それでもさっぱりと行きたかったので、塩味の角煮にしてみました。
ただそのせいか見た目は硬そうなのですが、これでも2~3時間は弱火で煮たのでホロホロです。
旨かったー!
和物でありがちの、みりん・酒・醤油の味付けにうんざり来たら、なんでも代わりに塩味にしてしまうのはアリかもしれません。黒胡椒利かせてね~。








その他のメニュー。



イカのピリ辛ゴロ煮


「イカのピリ辛ごろ煮」








ナスとシシトウの焼きびたし


「ナスとシシトウの焼きびたし」








キャベツと油揚げの味噌汁


「キャベツと油揚げの味噌汁」








101127の食事風景


以上にご飯を添えまして、昨日は陸のものと海のもので結構バランスの取れた食事?な和食卓となりました。


「イカのごろ煮」は、どこの家庭でも作られるものだと思ってたんですが、この間テレビでわざわざ北海道料理として取り上げてたのをみると・・・きっとそうではないんですね。
『ごろ』は塩辛にも入れるイカの肝のことなんですけれど、検索したら肝焼きや肝和えは普通に出てくるから独特なのは呼び方か?『ごろ』という呼び方だけなのか?どうなんだろう(´-ω-`)














本日のニアさん。








キャットうーまんー


この場所から撮ると、ちょっとバッドマンに出てくるキャットウーマンにも見えなくはないニアさんです。
でもここはボンデージとは程遠い洗濯籠の中だったり。


暑かったのかなぁ~。
この時期にニアさんが肌寒い洗面所のココに入るなんて珍しい・・・。
でもオヤツの時ぐらいそこから降りてきなさいってんだよ(-д-メ)








キャットうーまんー2


目~光らせて催促したってダメなんだからね!めっ


いつもメロさんに1個余計に食べられてる自覚が今だないんだな。。。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。