ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ
ガレット・デ・ロワ


今年は早々に作っちゃったガレット・デ・ロワです。








ガレット・デ・ロワ・ショコラ


ついでにショコラバージョンも~~。


本当は1月6日の公現節に食べられるお菓子ですが、今年はその当日には作れそうもないのでこの連休中にやっちゃいました。
そのおかげで時間的な余裕もあり、チョコ味も!
こちらは折込バターにカカオパウダーを練りこんで作ったパイ生地であります。
ぜ~ったい失敗するだろう・・・いや、しないはずがない(;´Д`)と、失敗覚悟でやってみたんですが、案外上手くいき、こうして日の目を見ることが出来ました。バンザーイ!!
そして表面の模様はこちらも初挑戦のシュロ。(ヤシの木似ている木のことです)
勝利と栄光を表わすそうです。
本当は、去年に言っていたオリーブの模様を描きたかったんですけども・・・あまりにも私にはレベルが高いような気がするので今年も止めときました。。。
ま、また来年にでも(*´д`;)…








ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ


ちなみに、このプレーンの方も去年とは若干違っていまして、こちらはフィユタージュ・アンヴェルセという通常とは逆の、バターで生地を包んで折りこんだパイ生地で作っとります。
これがなかなかに難しくて・・・軽く小麦粉を加えて取扱いし易くしたバターを使ってはやるものの、それでも油断するとすぐに溶けてきてしまうものが常に表面側にあるので、折込作業は常時時間と温度勝負、それは大変でございました。
でも三つ折り、四つ折りを一回づつ繰り返した後は急に不思議と扱いやすくなりだしましてですね、なんとか成功させることが出来たんですよ~。ただし猫らには非常に迷惑をかけましたがね(常に窓を開けてやっていたのでメロニアは寝室に一時避難しとりました)








ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ2


さて各断面はこんな感じです。


プレーンはごくごく普通のアーモンドクリームとカスタードを混ぜたフランジパンヌ。
あ、でも今回は特別に皮付きアーモンドパウダーを使って薫り高くもしたつもりです・・・。








ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ3


んでショコラの方は、フランジパンヌの上にガナッシュを重ねたものを挟み込んでみました~。








そしてガレット・デ・ロワには欠かせないフェーブは



ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ5


ゆく年








ガレット・デ・ロワ ガレット・デ・ロワ・ショコラ4


くる年


っちゅうことで、今年は寅と卯でございました~。

もうなかなか良いニャンコのフェーブが見つからなくてですね、、、
今年は干支で妥協したんですよ。
でもそろそろどっかのメーカーで可愛いというよりは美しい猫のフェーブなんて出してくれないかしら。
ものすごいファニーフェイスな猫のフェーブならよく見つかるんですけどね~。
猫のコレクションて難しいもんですわ。














本日のメロニアさん。

ぬおっ!?Σ(゚Д゚;)








使ってる~


夢か幻かと思いました・・・。








使ってる~2


珍しく素直に使ってくれてるーーー!!スーパーホットマット!!!








使ってる~3


しかもこんな・・・人間が並べたままにそれぞれちゃんと乗ってくれてるなんて・・・








使ってる~4


感動した!感動した!感動した!!!



ちなみに義実家にいるマンチカンの女子、レモンちゃんとカリンちゃんにもこのマットを送ったのですが、同じように使ってくれてるそうです。
スーパーホットマット・・・そんなに当てにはしてなかったけど凄いんじゃないか?
でも義実家では猫らが暖かさを認識するまで義母&義父が抑え込んでいたそう(笑)
もしかしたら渋々乗っている可能性もあるかもなー。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。