ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
モンモラシー
モンモラシー


見た目とっても地味ぃ~なタルトなんですが、、、


味よし!
卵白消費によし!
で、個人的には文句なし!なタルトに仕上がったものでした。
ちなみに、中に入っているアパレイユ?と言いますか、生地は全部ダコワーズ。

タルト(クッキー生地)の土台の中に、これまた単品でも立派な焼き菓子となるダコワーズ生地を入れちゃうなんて・・・

レシピだけを見ていた時には、相当喉が渇くお菓子になるんじゃないかしら、一口食べるそばから水が欲しいってなるんじゃないかしら、な~んて思ってましたがね。
でもそれはま~ったくいらぬ心配でした。








モンモラシー2


焼き上がったものを食べてみると、


中に入れたキルシュ漬けグリオットのおかげか、中心は思いの外しっとり。
そういえば、ダコワーズ生地にはカカオマスも加えたからでしょうね、中心部以外もパサパサ感は皆無なのでした。
どちらかというと食感は、ほろっほろっとしていて、その後じ~わ~っと口の中に馴染む感じ。








モンモラシー3


そしてそこにキルシュが結構な感じで利いていて、大人な感じの焼き菓子に。


コレは旨かったです!相方さんからも同じ感想が。
タルトというと、中身は滑らかなクリームやムース、もしくはクレームダマンドにフルーツを焼き込むものって印象が私には強くあったのですが、こんなのもアリだとは・・・
コレはかなり助かりますよ~、これからの卵白消費に。
単純なムラング菓子よりも焼成に時間はかからないし、バタークリームを挟む、手のひらサイズのダコワーズを作るよりも、ドカッと思い切りよく作れて、タルト台の中にこんもり置いていくだけなので手間もかからない!
おかげでまた卵黄のみ使用のパティシエールやら、ムースやらを気前よく作れそうです(*´д`*)
そして今度は、キルシュ漬けグリオットの代わりに、何かの洋酒でマリネしたパイナップルなんか入れて、このタルトをリピートしてみたいところ。
じんわり楽しみです。








ではここからは日曜の食事記録です。
昨日は、こんな季節でもしつこ~く煮込み料理を作ってしまいました。



塩豚キャベツのシュークルート風


「塩豚キャベツのシュークルート風」


塩漬けにした豚バラを、千切りにしたキャベツとスライスした玉ねぎと一緒に煮込んで粒マスタードで味付けしたものです。
二種類の生ソーセージも加えて煮込んだので、それだけで十分にコクのある味わいのスープも取れ、このスープに浸して食べるバゲットの美味しさったら。
煮込んでいる最中は台所が暑くて暑くて大変ではあるのですけども、パンを美味しく食べるなら、合わせる料理は煮込み系が一番だと個人的には思うのです。








その他のメニュー。



たことにんじんのマリネサラダ


「たことにんじんのマリネサラダ」








ホット・トマトスープ


「ホット・トマトスープ」








110522の食事風景


以上に市販のバゲットを添えまして、昨日は暑い暑い!熱い熱い!言いながら、それでも美味しく味わった洋風食卓でありました。


しかし気になるのはトマトスープのこと。
こういう濃い色のスープは、白い皿に盛って運ぶと、スープの周辺にまるで汚したような跡が点いちゃうのが気になるのです。
食べるには問題ないのですけど、写真を撮ると見た目がなぁ~・・・
料理雑誌を見るとそれはそれは綺麗に、器に余計な跡もなく写してらっしゃるのですけど、どうやってるんでしょ。
まさか一度ついたものを綺麗に手作業で拭うことをしてるとは思えないし・・・画像加工か。
それともクロスの上に先にスープ皿だけおいて、それから注いでいるのか。
知りたいところです。
でも知ったからといって同じようには、う~ん・・・技術的にも都合的にも出来ないような気がします。。。














昨日のメロさん。

メロさんの場合、この手のものは放っておいても食べることはしないと思うのですが、、、








鼻入るよ

ふんふんふん



あんまり間近で嗅ぐのはヤメレ~
粉糖が・・・粉糖が吸い込まれていっちゃうから・・・(;・∀・)

ちなみにニアさんの場合は、小麦粉率が高いお菓子ほど食べてしまう確率が高くなるので、こんなところまでやってきた時にゃあ速攻撤去です。
パクッといっちゃうんだもん、パクッと

Comment
≪この記事へのコメント≫
メロさんは小麦粉や卵を使った物は余り食べないのですか~。
これが実家にいる猫(春くん)だったら・・・嗅いだ直後にとりあえず口にしますよorz
で、好みじゃなかったら、ペッ(´;ω;`)
ニアさんはちゃんと美味しく頂くのですねw
それはそれで困るような・・・( ̄▽ ̄;)

塩豚、こういう使い方もあるんですね!
私いつも単品で焼いたり、炒め物に混ぜたりでした。
ボリューム満点な上に美味しそうです。
このスープをバゲットに・・・想像したらヨダレがwww
2011/05/25(水) 12:52:27 | URL | ノラ #-[ 編集]
>ノラさん
春くん・・・とりあえず口にってw
食べ物全般への警戒心がないんですねww
ニアは一度粉状態の小麦粉を口にしてしまってから、こういうものに食いつくようになってしまいましたorz
猫は炭水化物の消化が苦手だっていうのに・・・。
本能と食の好みはまた違うんでしょうかね。
2011/05/26(木) 00:12:40 | URL | mnfosterer #XzNY5sGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。