ワイミーズハウスの調理簿

猫とお菓子とパンと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
スイートポテトのタルト
スイートポテトのタルト


スイートポテトの季節ですなぁ~。


義母から桃と一緒に届いたサツマイモ2本。
ん~~・・・どしよ(´-ω-`)
と迷いに迷った末、今年もスイートポテトを作ることにしました。
しかし去年の「焼き芋風スイートポテト」は見た目は気に入ってたんですけども、外側に紫芋パウダーをまぶし付けるが少々面倒だった記憶があり。。。
今回は紫芋パウダーをサブレ生地に加えてタルト型で皮を表現することにしました。








スイートポテトのタルト1


で、こんな感じなんですが。


「随分と皮が厚めの焼き芋ですね」とか、言わないでくださいませ
今回リアリティーは無視してます。。。
そのうえ写真で見る限りだと、タルト生地が紫に見えないところが更に「焼き芋風」から見た目を遠ざけてますが・・・実際は軽く焼き色の付いた紫なんですよ~。気持ち悪いぐらいにね。








スイートポテトのタルト2


フィリングにはカスタードも入れてみました。真ん中部分がそれです。


スイートポテトとタルト生地だけだと食感が「もっさり」しそうだったので、スイートポテトとスイートポテトの間に挟み込むように入れてみたわけですが正解でした。
これだと温かくして食べても、冷やして食べても美味しい!
でもこの作り、結局去年よりも手間が掛かってるような・・・来年は頂き物あったとしても普通に焼き芋でもするかなぁ~(*´д`;)








ではここからは土曜日のお食事記録。
昨日はなんとなく久しぶりかも、和食でございました。



南瓜とピーマンの豚肉巻、甘辛煮


「南瓜とピーマンの豚肉巻、甘辛煮」


豚肉の薄切りで南瓜とピーマンを巻いて甘辛く煮た、名前そのままのものです。
照りが命!
高校時代、同級生のあるお宅に伺うと、そこのお母さんは必ずと言っていいほどコレを出してくれました。
北海道人だから基本的に味付けは濃いけど、それはそれは美味しかったんですよね。
その頃も豚肉苦手だったのに不思議。
たぶん初めて伺った日かな、コレとグラタンと、おでんと揚げ物が一緒に出てきた時はビックリしました。
その頃の私は釧路から札幌に出て寮生活をしていたので、「普段お母さんの味が食べられなくなったのなら、せめてうちのを味わっていきなさい!」と豪快にやってくれたんです。
あったかくて素敵な方だったなぁ~。
もしアンケートかなんかで「あなたにとってもう一度食べたい家庭の味とは!?」と聞かれたら、私は真っ先にこれをあげちゃうかも。
実の母が泣きそうだ・・・(´-`)








その他のメニュー。



だし巻き卵


「だし巻き卵」








きゅうりとたこの酢の物


「きゅうりとたこの酢の物」








いくらのおにぎり、青とうがらし味噌のおにぎり


「いくらのおにぎり、青とうがらし味噌のおにぎり」








南瓜とバタコーンのお味噌汁


「南瓜とバターコーンの味噌汁」








090905の食事風景


以上を並べまして、昨日は「和食でもなんとなくお弁当風・・・」な食卓となりました。


普段会社に作っても行かないんですが
時々無性に炊き立てご飯で作った握り飯が食べたくなるのです。
茶碗に盛ったご飯にいくらを乗せながら食べるのとはまた違うんだよね~。














本日のメロさん。

「かつおぶし」の在り処が知られたようです。。。








探し物

カシカシカシカシカシ・・・ カシカシカシカシカシ・・・



やめて~、やめてよぉ~。
カツブシ食べられたら「命の出汁」が取れなくなるじゃない(ノToT)ノ

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。